V6坂本昌行、長野博、井ノ原快彦による『TTT』第2弾決定!脚本・演出は御徒町凧

V6坂本昌行、長野博、井ノ原快彦による『TTT』第2弾決定!脚本・演出は御徒町凧
011955.jpg

V6内ユニット・20th Century(トニセン)の坂本昌行長野博井ノ原快彦によるTWENTIETH TRIANGLE TOUR(通称:TTT)第2弾が、2019年7月から9月にかけて3都市で上演されることが発表された。タイトルは『カノトイハナサガモノラ』。今回の脚本・演出は御徒町凧が手掛ける。


『TTT』とは、コンサートやトークショー、ミュージカルとも違う、まだ出会ったことのない、音楽と演劇が融合した“Playwith Music”=「新しい舞台のカタチ」を目指し、トニセンが創り上げる公演。2017年の第1弾『戸惑いの惑星』を上演している。


御徒町は、かねてからV6のみならず、井ノ原のソロ曲の作詞をするなど親交の深い仲。さらに、詩人として数多くの詩集を出すほか、森山直太朗のほとんどの作品の共作者として、これまで森山のライブステージや音楽劇場公演、自身の名義で上演した舞台などの作・構成・演出など、ライブ作品も数多く手がけてきた。


御徒町とトニセンは、すでに昨年の夏から繰り返しワークショップを行っており、本作のストーリーは御徒町の目線で深く追求されたトニセン3人のパーソナリティが盛り込まれたものになるという。楽曲はもちろんトニセンの曲をメインに新曲も書き下ろされるとのこと。


【あらすじ】
そこはとある空間。ライブハウスを想像させるような場所。
ソウル・ターミナルとも呼ばれているらしい。
そこへやってくる、サカモト、ナガノ、イノハラ。
他愛もない会話から見え隠れする、それぞれの過去・現在・未来、嘘・本当。
そこには常にメロディがあり、様々な想いを呼び起こしていく・・・。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エンタステージの記事をもっと見る 2019年5月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「及川光博」のニュース

次に読みたい関連記事「及川光博」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「井ノ原快彦」のニュース

次に読みたい関連記事「井ノ原快彦」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三宅健」のニュース

次に読みたい関連記事「三宅健」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。