劇団☆新感線『けむりの軍団』製作発表 古田新太「これが僕の代表作になれば」

劇団☆新感線『けむりの軍団』製作発表 古田新太「これが僕の代表作になれば」
011965.jpg

劇団☆新感線『けむりの軍団』製作発表 古田新太「これが僕の代...の画像はこちら >>

劇団☆新感線の3年ぶりの劇団本公演となった『偽義経冥界歌』に続く、2019年 劇団☆新感線39興行 夏秋公演 いのうえ歌舞伎《亞》alternative『けむりの軍団』が2019年7月より上演される。


5月13日(月)には製作発表会見が行われ、古田新太と早乙女太一、清野菜名、須賀健太、高田聖子、粟根まこと、池田成志、そして脚本を担当する倉持裕と演出のいのうえひでのりが登壇した。


本作は、黒澤明作品など名作映画へのオマージュを散りばめながら、コミカルにスピーディーに、そしてあっと驚く意外な展開へと転がっていく、これまでとはまた一味違った王道路線の愉快痛快時代活劇。頭がキレる軍配士とズル賢い謎の浪人のバディが繰り広げる珍道中を描く。


劇団☆新感線『けむりの軍団』製作発表 古田新太「これが僕の代表作になれば」
011965_02.jpg


『乱鶯』以来の劇団☆新感線となる倉持は「今回、いのうえさんからいただいたお題は、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』と太宰治の「走れメロス」を合わせたような話。それで古田さんがお姫様を守る侍の役で、人質に取られている親友が成志さんかなと思ったのですが、そうするとラストしか絡めずもったいないので、古田さんと成志さん二人でお姫様を守るという形にしました。前回の『乱鶯』はシリアスなものだったので、今回は軽く、笑えるものにしようと心がけました」と本作の構想を明かす。


さらに本作で「すごく丁寧に会話劇を演じられる、真摯な役者な集団だと思いました」と新感線への思いを新たにしたと話す「前回よりは当て書きがうまくできているんじゃないかと思っています」と胸を張った。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

古田新太のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「古田新太」に関する記事

「古田新太」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「古田新太」の記事

次に読みたい「古田新太」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク