山本卓卓演出のKAATキッズ・プログラム『二分間の冒険』エキストラを公募

山本卓卓演出のKAATキッズ・プログラム『二分間の冒険』エキストラを公募
011967.jpg

山本卓卓演出のKAATキッズ・プログラム『二分間の冒険』エキ...の画像はこちら >>

2019年8月に山本卓卓(範宙遊泳)の上演台本・演出で『二分間の冒険』が上演される。本作は、KAAT神奈川芸術劇場がおくるキッズ・プログラム。岡田淳による人気児童小説(偕成社刊)の舞台化作品として、校庭でふしぎな黒ネコと出会った少年の「長い長い」二分間の大冒険を描く。


また、演出に取り入れられるアニメーションのイラストは、人気イラストレーターのひらのりょうが担当。音楽は、世界的に活躍する打楽器奏者の加藤訓子の書き下ろし。


出演は、百瀬朔、佐野瑞稀、下川恭平、亀上空花、小林那、埜本幸良、青山勝。そして、犬山イヌコが声で参加する。


【あらすじ】
物語は主人公の悟という男の子が学校の校庭で「ダレカ」という黒猫と出会うところから始まる。悟は、言葉をつかう黒猫と話しているうちに異世界にトリップしてしまう。ダレカは「これはかくれんぼで時間内におれを捕まえたら元の世界に戻してやる」と言い、ダレカはその時には黒ネコの姿ではなく「この世界でいちばんたしかなもの」になってる、という。一番確かなものとは?ダレカを探し始める悟。
しかし迷い込んだ世界は、恐ろしい竜が支配する世界。そこでは子供たちが竜の館のいけにえとして集められていた。しかもそれは、学校の友達だった!小学校のパラレルワールドのようなその世界なその世界で、元の世界に戻るための方法は、竜を倒し、「いちばんたしかなもの」の姿になったダレカをみつけ出すこと。
悟は、いつの間にか巻き込まれていく、息を飲むようなはらはらした冒険に身をおきながら、なぞを出す竜との戦いを乗り越え、そして「この世界でいちばんたしかなもの」に姿を変えた黒ネコを見つけ出して、無事に元の世界に戻れるのか・・・!?


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク