『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド』追加キャストに平間壮一、東啓介ら!“歌うま女子高生” 鈴木瑛美子もミュージカル初挑戦

『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド』追加キャストに平間壮一、東啓介ら!“歌うま女子高生” 鈴木瑛美子もミュージカル初挑戦
012041.jpg

2020年3月に上演されるミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』より、追加キャストが発表された。本作は、『オペラ座の怪人』や『キャッツ』などを生み出したアンドリュー・ロイド=ウェバーと、ミートローフやセリーヌ・ディオンなどにヒット曲を提供するジム・スタインマンがタッグを組んだ感動作。日本で上演されるのはこれが初となり、演出を白井晃、脱獄犯である「男(ザ・マン)」役を三浦春馬、その「男(ザ・マン)」をイエス・キリストの生まれ変わりだと信じる少女スワロー役を生田絵梨花が務めることが決定していた。


【あらすじ】
1959年ルイジアナ。脱獄した一人の「男(ザ・マン)」が納屋に身を潜める。その「男(ザ・マン)」をイエス・キリストの生まれ変わりだと思い込む少女スワロー。スワローは母親を亡くし、父親のブーンと幼い妹や弟たちと暮らしていた。母を亡くした悲しみに沈むスワローが望むクリスマスプレゼントは、「死んだお母さんにもう一度会う」こと。その願いを打ち明けられた「男(ザ・マン)」は、汚れなき瞳を持つスワローに自分の本性を打ち明けることができず、キリストとして過ごすことになる。一方、スワローの幼馴染であるエイモスとそのガールフレンドのキャンディは閉鎖的な街を抜け出し、新しい人生を送ろうと企てる。しかし、スワローに思いを寄せ助けようとするエイモスを見て、キャンディは嫉妬し、スワローを罠にはめる。スワローは「男(ザ・マン)」がキリストでないことに気づき始めるが、二人は次第に街の人々との対立に巻き込まれ・・・。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 三浦春馬 ドラマ
  2. 三浦春馬 映画
  3. 三浦春馬 熱愛
エンタステージの記事をもっと見る 2019年5月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「三浦春馬 + ドラマ」のおすすめ記事

「三浦春馬 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「三浦春馬 + 映画」のおすすめ記事

「三浦春馬 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「菅田将暉」のニュース

次に読みたい関連記事「菅田将暉」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。