寺島しのぶ、蜷川幸雄が遺した舞台を語る『海辺のカフカ』日本凱旋公演始まる

寺島しのぶ、蜷川幸雄が遺した舞台を語る『海辺のカフカ』日本凱旋公演始まる
012052.jpg

舞台『海辺のカフカ』の日本凱旋公演が、2019年5月21日(火)に東京・TBS 赤坂ACTシアターにて開幕した。村上春樹の傑作長編小説を蜷川幸雄の演出で舞台化した本作。2012年に初演され、2015年には蜷川幸雄生誕80周年を記念し世界5都市を巡る世界ツアーが行われた。さらに、2019年2月には日仏友好160年を記念して開催される日本文化の祭典「ジャポニスム2018」の一環として、パリでも上演。囲み会見には、寺島しのぶ岡本健一、古畑新之が登壇し、パリ公演での出来事や日本凱旋公演への意気込みを語った。


寺島しのぶ、蜷川幸雄が遺した舞台を語る『海辺のカフカ』日本凱旋公演始まる
012052_2.jpg


今回の公演には、古畑や柿澤勇人高橋努、鳥山昌克、木場勝己と、前回上演時にも出演したキャストに加え、今回、新たに寺島や岡本、木南晴夏らが参加。公開舞台稽古では、二つのシーンが披露された。


司書の大島(岡本)とカフカ(古畑)が甲村図書館で本の整理をしながら、図書館の館長である佐伯(寺島)について話すシーンでは、水槽に入った少女(寺島)の幻想的な姿が目を引く。佐伯が19歳の時に作ったという曲「海辺のカフカ」を少女が歌いあげ、現実と夢が交錯していく様が見事に表現されていた。


寺島しのぶ、蜷川幸雄が遺した舞台を語る『海辺のカフカ』日本凱旋公演始まる
012052_5.jpg


続いて公開されたのは、佐伯を探して、カフカが森の中へと入るシーン。舞台上を樹木の入ったアクリルボックスが行き来し、迷宮の森とも呼ばれる中をカフカが彷徨いながら進む。そして、舞台中央で再会する二人は・・・。


寺島しのぶ、蜷川幸雄が遺した舞台を語る『海辺のカフカ』日本凱旋公演始まる
012052_8.jpg


パリ公演について、岡本は「(パリには)村上春樹さんのファンが非常に多くて、原作を非常に理解している。そして、それを舞台化することに興味を持っていただいていたので、ものすごく盛り上がりました。カーテンコールではみんなが立ち上がって、泣いている人もいたり、声援をあげる人もいたりして・・・びっくりしました」と興奮気味に話した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 寺島しのぶ ブログ
  2. 寺島しのぶ 映画
寺島しのぶのプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る 2019年5月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「寺島しのぶ + 映画」のおすすめ記事

「寺島しのぶ + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「寺島しのぶ + ブログ」のおすすめ記事

「寺島しのぶ + ブログ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山本舞香」のニュース

次に読みたい関連記事「山本舞香」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら