坂本昌行が女心を歌い上げる『ONE MAN STANDING 2019』開幕!V6の25周年へ向けた示唆も
012053.jpg

坂本昌行が女心を歌い上げる『ONE MAN STANDING...の画像はこちら >>

2019年5月22日(水)に東京・Bunkamura オーチャードホールにて、坂本昌行の『ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony』が開幕した。『ONE MAN STANDING』は、坂本自身初のミュージカルコンサートとして、2016年に第1弾を開催。待望の第2弾となる今回は、日本の女性シンガーのヒット曲を中心に、坂本自身が選び抜いた楽曲が披露される。


公開ゲネプロでは名曲の数々を伸びやかに歌い上げた坂本。オーチャードホールがすっかり板についた様子を“オーチャード坂本”と例えられると、「また立たせていただける・・・こんな幸せなことはないですね」と恐縮しながら囲み会見に登壇した。


(以下、一部セットリストに触れる記載があります)


今回のテーマは「All of Love」。舞台で様々な愛の形を表現してきた坂本が、歌を通して“女心”に向き合った。選曲をする上で、様々な楽曲と向き合った坂本は「昭和から平成、そして令和と、時代が変われば詩の内容も変わっていくんだ」ということを強く感じたという。


セットリストに多く含まれるのは、自らが多く耳にしてきた昭和の名曲。「いろいろ考えて、平成の明るい曲も・・・と思ったんですけど、しっとりとした昭和の楽曲を多く選びました」と明かした。今回は採用されなかったが、一時は大塚愛の「さくらんぼ」なども候補に上がっていたそうだ(それはそれで聞いてみたい)。最も気持ちが乗る曲を問われると「こんなストレートな歌詞は、なかなか男性からは歌えないので」と、高橋真梨子の「for you・・・」を挙げた。