エン*ゲキ第4弾『絶唱サロメ』で池田純矢が目指す「音楽と演劇の新しい融合」

エン*ゲキ第4弾『絶唱サロメ』で池田純矢が目指す「音楽と演劇の新しい融合」
012135.jpg

俳優・池田純矢が自ら脚本・演出を担い、2015年に立ち上げた「エン*ゲキ」シリーズ。その第4弾となる『絶唱サロメ』が、2019年10月に東京と大阪で上演される。5月某日に大阪・カンテレ本社で行われた会見では、池田自身が本作に向けての意気込みを語った。


シリーズ第1弾『君との距離は100億光年』(2015年7月)では「物理(宇宙工学)」を、第2弾『スター☆ピープルズ!!』(2017年1月)では「科学・化学」を、第3弾『ザ・池田屋!』(2018年4~5月)では「歴史」を取り上げてきた池田。第4弾の新作『絶唱サロメ』では、オスカー・ワイルドによって書かれた戯曲『サロメ』に着想を得て、「古典×歌×エンターテインメント」が融合した作品を作り上げる。


1893年にオスカー・ワイルドが発表した『サロメ』に池田が出会ったのは、小学生の頃。16~17歳の時に「声を出して読むとこんなにおもしろいんだ!」とその戯曲の魅力に気づいたという。「『サロメ』は発表されてから、残虐さであったり、不道徳な内容と言われたりで、しばらくは上演が禁止されていたんです。でも、やはり戯曲そのものに力がある。残酷描写の中にある妖艶さや耽美さ、その美しさは現代の我々にも通じるものがあるなと思いました」。


エン*ゲキ第4弾『絶唱サロメ』で池田純矢が目指す「音楽と演劇の新しい融合」
012135_3.jpg


今回は、『サロメ』をそのまま上演するのではなく、あくまでも“原案の一つ”として取り上げる。「不道徳とか残酷とか古典とか、そんな重たいイメージをなんとか王道のエンターテインメントにできないかという思いでオリジナル脚本に仕上げました」と創作に至った経緯を説明した。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2019年6月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。