古田新太『けむりの軍団』に向け清野菜名、須賀健太に「インディーズ魂を植えつけてやろう」

古田新太『けむりの軍団』に向け清野菜名、須賀健太に「インディーズ魂を植えつけてやろう」
012209.jpg

劇団☆新感線は、2019年に旗揚げ39周年を迎えた。7月から、感謝の意を込めた“39サンキュー興行”として、夏秋公演・いのうえ歌舞伎《亞》alternative『けむりの軍団』を東京、福岡、大阪で上演。6月初旬、出演者より古田新太清野菜名須賀健太が大阪市内で会見を行った。


2016年のいのうえ歌舞伎『乱鶯』から3年。本作は、脚本の倉持裕が再び看板役者・古田新太とタッグを組んだ、本格派時代劇第2弾。演出のいのうえひでのりから「黒澤明監督の映画『隠し砦の三悪人』と太宰治の小説『走れメロス』を合わせた話にしたい」と依頼を受けた倉持が、戦国の世で策士二人が巻き起こす、痛快爽快人情時代劇を書き下ろした。


頭が切れて腕も立つ軍配士、真中十兵衛(古田)と、口の巧さと調子の良さで乱世を生き延びる謎の浪人、美山輝親(池田成志)。二人がひょんなことから出会い、嫁ぎ先の大名家から抜け出した紗々(清野)とその家臣・雨森七(須賀)を無事に姫の生家へと送り届ける役回りを担うハメになる・・・。


古田新太『けむりの軍団』に向け清野菜名、須賀健太に「インディーズ魂を植えつけてやろう」
012209_2.jpg


「十兵衛はいろんな君主のもとで軍師を務めるんですが、 必ず最後には失敗する。しかもそれは部下が悪いせいだと思ってる。上司としては最低のヤツ」と役について語る古田。さらに、倉持の脚本に「会話が軽妙で、江戸前らくごのようなおもしろさ」と太鼓判を押し、「読んでおもしろい台本は、演じるとなるとかなり苦しい。相変わらず役者泣かせな脚本だなと。『走れメロス』『隠し砦の三悪人』と聞けば、何となく結末は分かると思うので(笑)。それよりは、道中でいかに敵をだまくらかすか。姫を逃すために十兵衛と輝親が知恵を絞っていく姿がおもしろい」とコメント。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 古田新太 ドラマ
古田新太のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る 2019年6月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「古田新太 + ドラマ」のおすすめ記事

「古田新太 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「吉田鋼太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「吉田鋼太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「野村周平」のニュース

次に読みたい関連記事「野村周平」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。