夢と現実が溶けあう狂乱のロマンティック・コメディ『キネマと恋人』公演レポート

夢と現実が溶けあう狂乱のロマンティック・コメディ『キネマと恋人』公演レポート
012235.jpg

映写機の廻る音、スクリーンに点滅する光、カウントダウンが始まる・・・。映画への憧憬がスウィートかつビターに展開する『キネマと恋人』が、2019年6月8日(土)に世田谷パブリックシアターにて開幕した。本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)が、ウディ・アレンの映画『カイロの紫のバラ』(1985)にインスパイアされ書き下ろしたロマンティック・コメディ。2016年の初演ではハヤカワ「悲劇喜劇」賞、第51回紀伊國屋演劇賞個人賞、第68回読売文学賞を受賞。多くの観客や批評家を唸らせた。


待望の再演を迎えた『キネマと恋人』には、妻夫木聡緒川たまきともさかりえなど初演時からのオリジナルキャストに加え、映像監修の上田大樹、振付の小野寺修二など、KERAの世界観をさらに強靭なものとするスタッフ陣も再集結。さらに、会場も初演時のシアタートラムより一回り大きい世田谷パブリックシアターに移し、さらにダイナミックな上演が可能に。


今回の再演版の初日について、KERAは「俳優たちは初演より深く人物を演じてくれていて、格段に『深化』したものになっていると思います」とコメントしていた。果たして、本公演ではどのような深化が見られるのだろう?その模様をレポートする。


夢と現実が溶けあう狂乱のロマンティック・コメディ『キネマと恋人』公演レポート
012235_2.jpg


(以下、物語の一部に触れています)


舞台は1936年(昭和11年)のとある日本の架空の島「梟島(ふくろうじま)」。そこで暮らす森口ハルコ(緒川)の生きがいは映画を見ること。その日も、島に一つしかない映画館「梟島キネマ」でお気に入りの映画『月之輪半次郎捕物帖』を観ていると、スクリーンの向こうにいたハルコの大好きなキャラクター・間坂寅蔵(妻夫木)がハルコに話しかけてくる!?さらに、寅蔵は飄々とスクリーンの向こう側から出てくるのであった。何度も映画を見てくれるハルコにいつしか恋心を寄せていた寅蔵は、ハルコを映画館から連れ出しどこかへ。映画の登場人物も映画館の観客も大パニック。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 妻夫木聡 ドラマ
  2. 妻夫木聡 映画
エンタステージの記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「妻夫木聡 + 映画」のおすすめ記事

「妻夫木聡 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「妻夫木聡 + ドラマ」のおすすめ記事

「妻夫木聡 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小栗旬」のニュース

次に読みたい関連記事「小栗旬」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。