橘ケンチ主演『魍魎の匣』ゲネプロレポート「舞台という形でどのような匣が開くのか」

橘ケンチ主演『魍魎の匣』ゲネプロレポート「舞台という形でどのような匣が開くのか」
012283.jpg

2019年6月21日(金)に東京・天王洲 銀河劇場にて、舞台『魍魎の匣』が開幕した。初日前には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、主演の橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)をはじめ、内田朝陽、高橋良輔、北園涼、高橋健介、紫吹淳、西岡徳馬、演出の松崎史也が登壇した。


原作となる『魍魎の匣』は、累計1,000万部を超える京極夏彦氏による「百鬼夜行シリーズ」の2作目にして最高傑作との呼び声も高く、日本推理作家協会賞を受賞したほか、映画化、コミック化、アニメ化もされているベストセラー小説。


橘ケンチ主演『魍魎の匣』ゲネプロレポート「舞台という形でどのような匣が開くのか」
012283_2.jpg


昭和20年代末を舞台に、古本屋を営む“京極堂”こと中禅寺秋彦(橘)が「憑物落とし」を駆使し、熱血刑事の木場修太郎(内田)、鬱気味の冴えない小説家・関口巽(高橋良輔)、「推理をしない」探偵・榎木津礼二郎(北園)、大衆向け雑誌の編集記者・鳥口守彦(高橋健介)らと共に謎に包まれた事件を解き明かしていく。


初日を前に、橘は「これまで1ヶ月間、この座組で培ってきた稽古と積み上げてきた皆さんの思いを、お客様のもとに届けられることを本当に嬉しく思っています」と挨拶し、「舞台という形でどのような匣が開くのか、皆様にぜひ楽しんでいただければと思います」と呼びかけた。


京極氏とこの舞台を通じて初めて会ったという橘は、京極氏の「皆さんの思う『魍魎の匣』をやってください。それがおもしろければ僕は何も言うことはないです」という言葉に大変感動し、改めてそこで気合いが入ったと明かした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

橘ケンチのプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る 2019年6月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「竹内力」のニュース

次に読みたい関連記事「竹内力」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「コン・ユ」のニュース

次に読みたい関連記事「コン・ユ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小松政夫」のニュース

次に読みたい関連記事「小松政夫」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。