秋沢健太朗主演のリーディング公演に小坂涼太郎、櫻川めぐ、生田輝ら出演
012506.jpg

秋沢健太朗主演のリーディング公演に小坂涼太郎、櫻川めぐ、生田...の画像はこちら >>

2019年9月より映画「五億円のじんせい」、映画「女の機嫌の直し方」の脚本家・蛭田直美のオリジナル脚本よるリーディング公演Reading Act「打ち上げ花火が消えた後、カケラみたいに光る星。」が上演されることが明かされた。


本作は朗読劇で連想される、台本を片手にスタンドマイクの前で読むスタイルではなく、小劇場ならではの近距離で、ストレートプレイに近い俳優達の繊細な演技と物語力を楽しめるリーディング公演。演出は宮元多聞が担当する。


主演を秋沢健太朗が務め、その脇を櫻川めぐ、生田輝、阿部みさと、今村真也、冨尾光里、二瓶雄輔、宮澤もえみ、そして小坂涼太郎らが固める。上演決定に伴い、キャストからコメントが届いている。


◆秋沢健太朗
蛭⽥直美さんの書く本が今からとても楽しみです。リーディングって、⽬をとじて聞いていてもちゃんと物語をキャッチして、そして色々な事を想像しならが観ていくのだと思うので、ちゃんと物語を伝えられるよう、表現できるようにがんばりたいです。


◆櫻川めぐ
出演依頼のお話を頂いた時は、本当に嬉しかったです! 今作が私にとって初めての「リーディング公演」となります。芝居への熱い気持ちは胸に秘めつつ、作品の⼀部として素敵な公演を作り上げられたらと思っています。よろしくお願いします。


◆生田輝
まだあらすじを読ませていただいただけなのですが、表題の意味する所やどんな役を演じることができるんだろう?! と、今からとってもわくわくしています! 私も⼤好きなリーディング公演、声のみで演じるお芝居のおもしろさや、楽しさを少しでもお伝えする事ができたらなと思います。それでは、劇場でお待ちしております。