壮一帆「稽古場からずっと心が震えています」一つの事件を二つの視点で描く舞台『大悲』開幕

壮一帆「稽古場からずっと心が震えています」一つの事件を二つの視点で描く舞台『大悲』開幕
012565.jpg

2019年7月19日(金)に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて、舞台『大悲』が開幕した。本作は、劇団Innocent Sphere主宰の西森英行による書き下ろし作品で、白昼の小学校で実際に起こった「無差別殺傷事件」をもとに、弁護士と被害者遺族、二つの視点で描く人間ドラマ。弁護士役の西村まさ彦を主演とした「storyA 大悲31mm」、そして娘の命を奪われた母役の壮一帆を主演とした「storyB 大悲37m」と、二つの視点で物語を描く。


壮一帆「稽古場からずっと心が震えています」一つの事件を二つの視点で描く舞台『大悲』開幕
012565_2.jpg


【出演】
「storyA 大悲31mm」
西村まさ彦、玉城裕規
黒川深雪、三浦知之、吉田英成、小野田華凜(ハロプロ研修生)、武藤晃子/
壮一帆、河相我聞、正木郁/
久世星佳


「storyB 大悲37m」
壮一帆、正木郁
村上幸平、黒川深雪、三浦知之、吉田英成、小野田華凜(ハロプロ研修生)/
西村まさ彦、玉城裕規/
吉川友、西興一朗/
河相我聞


壮一帆「稽古場からずっと心が震えています」一つの事件を二つの視点で描く舞台『大悲』開幕
012565_3.jpg


本記事では、「storyB 大悲37m」を中心に紹介。白昼、小学校に侵入し8人の児童を次々に殺傷するという凶悪な殺人犯に佐久間護(玉城)に、長女・明日香(小野田)の命を奪われ、それぞれ後悔の念を抱く、母・清水結衣(壮)、父・謙介(河相)、兄で長男の秀斗(正木)。


当日、もし自分がこうしていたら、娘は殺されずにすんだのか。母は悩み、それにより家族関係も複雑になっていく。それぞれが、自分がこうしていれば・・・という思いを抱き、葛藤する。犯人に殺意を抱くもの、家族に対する信用を失っていくもの。この事件を報道しようとするマスコミに対する姿勢。「storyA 大悲31mm」とはまったく異なる緊張感に包まれ、愛する人の命を突然失った人間の心の機微が浮かび上がる。


あわせて読みたい

壮一帆のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「壮一帆 + twitter」のおすすめ記事

「壮一帆 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「壮一帆 + 退団」のおすすめ記事

「壮一帆 + 退団」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「朝夏まなと」のニュース

次に読みたい関連記事「朝夏まなと」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 壮一帆 Instagram
  2. 壮一帆 twitter
  3. 壮一帆 宝塚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。