伝説的戯曲を長塚圭史が演出『常陸坊海尊』に白石加代子、中村ゆり、平埜生成ら

伝説的戯曲を長塚圭史が演出『常陸坊海尊』に白石加代子、中村ゆり、平埜生成ら
012898.jpg

長塚圭史の演出で上演されるKAAT神奈川芸術劇場プロデュース『常陸坊海尊』の全キャストが明らかになった。白石加代子、中村ゆり、平埜生成、尾上寛之、長谷川朝晴、高木稟、大石継太、大森博史、平原慎太郎、真那胡敬二らが出演する。


2011年の開館以来、多くのプロデュース作品や招聘作品の上演、フェスティバルの開館など“創造型劇場”として個性的な企画を打ち出してきたKAAT神奈川芸術劇場は、2016年4月に就任した白井晃芸術監督に加え、2019年4月に長塚を芸術参与に迎えた。本作は、長塚が芸術参与となって初めて同劇場で手掛ける演出作品となる。


『常陸坊海尊』は、『近松心中物語』などで知られる劇作家・秋元松代の最高傑作と言われる戯曲。日本にオリンピック大会が初めて招致された昭和39年(1964年)発表当時、日本の演劇界に衝撃を与えた伝説的作品だ。長塚は、本作について「これは現在の私たちの社会に痛烈に響く現代劇です。そして私たちの踏みしめるこの大地に流れる血脈を知ることの出来る覚醒劇でもあります」と語っている。


常陸坊海尊とは、源義経の忠臣として武蔵坊弁慶らと共に都落ちに同行し、義経最期の場所である奥州平泉での衣川の戦いを目前に主を見捨てて逃亡して生き延び、その後、不老不死の身となり源平合戦の次第を人々に語り聞かせたと言われる伝説の人物。歌舞伎『勧進帳』にも登場している。本作では、荒唐無稽ともいえる東北の仙人伝説を背景に、戦中戦後の学童疎開と、人間の“生”や“性”、そして格差や差別といった問題を描く。


あわせて読みたい

中村ゆりのプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「中村ゆり + 林遣都」のおすすめ記事

「中村ゆり + 林遣都」のおすすめ記事をもっと見る

「中村ゆり + 結婚」のおすすめ記事

「中村ゆり + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山崎紘菜」のニュース

次に読みたい関連記事「山崎紘菜」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 中村ゆり ドラマ
  2. 中村ゆり 映画
  3. 中村ゆり 林遣都

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。