朝海ひかる×平埜生成『日の浦姫物語』禁忌の愛にゆれる平安一大絵巻

朝海ひかる×平埜生成『日の浦姫物語』禁忌の愛にゆれる平安一大絵巻
012951.jpg

2019年9月6日(金)に東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAにて、こまつ座 第129回公演『日の浦物語』が開幕した。初日前にはフォトコールと囲み会見が行われ、朝海ひかる、平埜生成、演出の鵜山仁が登壇した。


井上が文学座、杉村春子への当て書きで書き下ろした初期戯曲『日の浦姫物語』。日の浦姫の生涯を巡る一大絵巻が、近年ますます円熟味の増す鵜山による演出によって、「井上ひさしメモリアル10」の第5弾として、こまつ座で初上演される。


日の浦姫の少女時代から老境までを演じるのは朝海ひかる。宿命の愛に翻弄される稲と魚名の二役に平埜生成。ストーリーテラーである説教聖夫婦で夫の説教聖を辻萬長、妻の三味線弾きの女を毬谷友子が演じる。


朝海ひかる×平埜生成『日の浦姫物語』禁忌の愛にゆれる平安一大絵巻
012951_02.jpg


フォトコールでは序段の「説教聖の前口上」、二段目の「死から生まれた子供たち」、五段目の「小島の堂守」の3シーンが公開された。「説教聖の前口上」では説教聖と三味線弾きの女の夫婦が登場し、説教聖が数奇な運命を背負った一人の姫の物語を語ろうとする導入部分が披露。


「死から生まれた子供たち」では、その物語の始まりとして、平安時代に双子の兄妹、稲若と日の浦姫が禁忌を犯そうとする艶やかなシーン、そして「小島の堂守」では三味線弾きの女がロックシンガーのような歌い手となり、出演者たちが総登場しての歌に踊りにとにぎやかなシーンが公開された。


朝海ひかる×平埜生成『日の浦姫物語』禁忌の愛にゆれる平安一大絵巻
012951.jpg


囲み会見では、まず演出の鵜山が作品について「一言で言うと近親相姦の話です。愛し合っている兄妹、そこから生まれた子ども、そういう不都合を世の中から抹殺するために大人たちがいろんな忖度を働かせるのですが、そのことによって排除されていく”弱い者いじめ”の芝居だと思っています」と説明。加えて「僕が注目している文学座の人たちがたくさん参加していますし、こまつ座と文学座の近親婚的な関係も楽しんでください(笑)」と、石川武、沢田冬樹、赤司まり子らほか多数出演する文学座の役者たちを作品のテーマにちなんでアピールした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 杉村春子 樹木希林
杉村春子のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る 2019年9月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「杉村春子 + 樹木希林」のおすすめ記事

「杉村春子 + 樹木希林」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら