松尾スズキがBunkamuraシアターコクーン芸術監督に「不真面目で色気のある劇場に」

松尾スズキがBunkamuraシアターコクーン芸術監督に「不真面目で色気のある劇場に」
012988.jpg

1989年に劇場が開館して以降、1996年までを串田和美、1999年からは蜷川幸雄が務めてきた東京・Bunkamuraシアターコクーンの芸術監督。2016年に蜷川逝去後、約3年間不在だったこの席に、大人計画の主宰を務める松尾スズキの就任が決定した。9月9日(月)には就任会見が行われ、松尾が今後の展望を語った。


2000年にミュージカル『キレイ―神様と待ち合わせした女―』で作・演出としてシアターコクーンに初登場した松尾は、以後、2003年の『ニンゲン御破算』、2008年『女教師は二度抱かれた』、2016年『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』など、松尾ならではの視点で描いた多くの話題作を生み出してきた。


松尾スズキがBunkamuraシアターコクーン芸術監督に「不真面目で色気のある劇場に」
012988_02.jpg


松尾スズキがBunkamuraシアターコクーン芸術監督に「不真面目で色気のある劇場に」
012988.jpg


今回の会見では、バンドの生演奏をバックにBunkamuraや松尾をユーモアたっぷりに表した歌が歌われ、三味線の出囃子に合わせて登壇者たちがステージに上がるという前代未聞の演出がなされた。さらに、司会を務めた皆川猿時は「松尾スズキが芸術監督というあってはならない役職に就くことになったことを、深くお詫びいたします!」「(松尾に対し)ドスケベ芸術監督!(笑)」などと冗談を飛ばしまくり、会見は爆笑からスタートした。


松尾スズキがBunkamuraシアターコクーン芸術監督に「不真面目で色気のある劇場に」
012988.jpg


登壇した松尾は、皆川から「芸術監督になったお気持ちは?」と聞かれると、三味線の音色に合わせ「本当に恥ずかしい」と謳って会場を盛り上げると「(芸術監督とは)その劇場から演出家の色を出していく仕事なんじゃないかと思っています。蜷川さんはアングラ的な感覚を商業演劇に持ち込んだ。串田さんは音楽の面を強く押し出していった。そうすると、私の色は何かと考えた時、いい意味で不真面目な匂いがするってことだと思います」と一転して真摯に思いを語った。


あわせて読みたい

蜷川幸雄のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「蜷川幸雄 + 小栗旬」のおすすめ記事

「蜷川幸雄 + 小栗旬」のおすすめ記事をもっと見る

「蜷川幸雄 + ジャニーズ」のおすすめ記事

「蜷川幸雄 + ジャニーズ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「宮藤官九郎」のニュース

次に読みたい関連記事「宮藤官九郎」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月11日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 蜷川幸雄 ジャニーズ
  2. 蜷川幸雄 中村倫也
  3. 蜷川幸雄 二宮和也

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。