柚希礼音が「自信作」と胸を張るA New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』開幕

柚希礼音が「自信作」と胸を張るA New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』開幕
013076.jpg

柚希礼音が「自信作」と胸を張るA New Musical『F...の画像はこちら >>

世界初演となる、日米共作の新作ロックミュージカルA New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』が9月25日(水)東京・TBS 赤坂ACTシアターにて開幕した。初日前には、公開ゲネプロ・囲み会見が行われ、柚希礼音とソニン、実咲凜音清水くるみ石田ニコル、日本版脚本と演出を担当する板垣恭一、アメリカ側のクリエイターで音楽/詩を手がけたクレイトン・アイロンズとショーン・マホニーが登壇し、初日への思いを語った。


本作は、ブロードウェイの新進気鋭の作曲家コンビと日本のクリエイティブ・チームが集結した、日米共作の新作ミュージカルをプロジェクト。19世紀半ばのアメリカ・ローウェルを舞台に、紡績工場で働く女性たち「ファクトリー・ガールズ」の友情と、自由を得るための闘いを描く。


柚希礼音が「自信作」と胸を張るA New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』開幕
013076_02.jpg


労働闘争を率いた実在の人物サラ・バグリー役の柚希は、「世界初演、日米共作という大きな作品に関わらせていただき、キャスト・スタッフと一丸となって作ってまいりました。早くお客様に観ていただきたい」と挨拶するし「自信作でございます!」と胸を張った。これまでにも何度か「世界初演」となる作品に出演した経験がある柚希だが、それでも「やはり大変なことでした。本当にたくさん稽古をしてきたので、手を繋いで、自信を持って、初日から千秋楽まで挑みたいです」と力を込めた。



一方、サラと固い友情を結ぶハリエット・ファーリー役のソニンは「オリジナルを作り上げる難しさと楽しさと充実感を感じた毎日でした」と真摯に思いを語る。本作では「板垣さんの理解もあって、歌詞など私が自分の言葉で書いて練りこんだ」楽曲もあることを明かし「役を作り上げる、作品を作り上げることを同時に経験したとても大切な日々でした。言葉の大切さを大事にして、お客様に伝えられればと思っています」と意気込んだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

実咲凜音のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「実咲凜音」に関する記事

「実咲凜音」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「実咲凜音」の記事

次に読みたい「実咲凜音」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク