草なぎ剛が白井晃演出『アルトゥロ・ウイの興隆』で暗躍するギャングに

草なぎ剛が白井晃演出『アルトゥロ・ウイの興隆』で暗躍するギャングに
013094.jpg

草なぎ剛主演で、2020年1月にドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトの大作『アルトゥロ・ウイの興隆』の上演が決定した。本作品は、ヒトラーが独裁者として上り詰めていく過程をシカゴのギャングの世界に置き換えて描いた問題作。演出は2018年4月に『バリーターク』で草なぎとタッグを組んだ白井晃が手掛け、ファンクミュージックを散りばめた斬新な作品の創出に挑む。


1933年、ナチスに追われ15年に及ぶ亡命の旅に出たブレヒトは、アメリカへ渡った際、英雄として神格化されるギャングたちの映画に興味を持ち、ギャング団の資料を集めたと言われている。その中で、禁酒法時代にシカゴの高級ホテルを住まいとし、密造酒製造販売、売春業、賭博業を組織化し、勢力を拡大していったアル・カポネにヒトラーとの共通点を見つけ、1941年にこの戯曲の執筆に着手。1958年にドイツ・ヴュルテンブルグ州立劇場にて初演を迎えるが、それはブレヒト(1956年没)がこの世を去った後だった。


ヒトラー率いるナチスがあらゆる手段を使い独裁者として上り詰めていく過程を、シカゴのギャングの世界に置き換えるという大胆な案から生まれた本作には、ヒトラー「興隆」の史劇が劇中に散りばめられている。ドイツ語での原題は『アルトゥロ・ウイの抑えることのできた興隆』。ヒトラーのみならず、その登場を許した当時の社会環境を、冷ややかな姿勢で描いた作品だ。日本では、1969年に劇団俳優座によって上演(『ギャング・アルトゥロ・ウイ~おさえればとまるアルトゥロ・ウイの栄達』主演:田中邦衛)されている。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。