まもなく開戦!原作者・一二三も「逆輸入したい」舞台『四十七大戦』稽古場レポート

まもなく開戦!原作者・一二三も「逆輸入したい」舞台『四十七大戦』稽古場レポート
013259.jpg

アンテナ型2.5次元舞台(地域の特色や名産品などのPRと繋がった2.5次元舞台のこと、造語)として、異例の取り組みを行っている首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編-(通称:しじゅステ)。その開幕が、いよいよ間近に迫ってきた。一体どんな仕上がりになっているのか? 実力派ラッパー・掌幻(しょうげん)指導の「ラップバトル」が採用されることなど、徐々に内容が明かされる中、その稽古場を取材した。


まもなく開戦!原作者・一二三も「逆輸入したい」舞台『四十七大戦』稽古場レポート
013259_17.jpg


「WEBマンガ総選挙2018」で1位の座に輝いた一二三による人気漫画の初舞台化作品となる本作は、主人公である鳥取さんのお膝元、鳥取でも上演が予定されている。それに先駆け行われる東京公演の劇場は、新宿FACE。稽古場では、ライブハウスや格闘技会場としても使用される劇場特有の空間を、フル活用する演出が練られていた。


まもなく開戦!原作者・一二三も「逆輸入したい」舞台『四十七大戦』稽古場レポート
013259_6.jpg


まもなく開戦!原作者・一二三も「逆輸入したい」舞台『四十七大戦』稽古場レポート
013259_2.jpg


稽古場では、鳥取さん役の永瀬匡、島根さん役の糸川耀士郎、山口さん役の山本タクを中心とした動きの確認が行われていた。タイミングやコンビネーションを図りながら、繰り返し繰り返し、何度も場面を返していく。本作の殺陣を担当しているのは、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"はじまりの巨人"の照島遊児役や、舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生- Re:Build』のミハエルトリニティ役を演じた船木政秀。舞台役者であり、アクションコーディネーターでもある彼の手によって、生き生きとした“魅せる”殺陣がつけられていた。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。