カフカ×KERAだからこそ生み出せた、演劇を越えた試み『ドクター・ホフマンのサナトリウム』レポート

カフカ×KERAだからこそ生み出せた、演劇を越えた試み『ドクター・ホフマンのサナトリウム』レポート
013516.jpg

カフカ×KERAだからこそ生み出せた、演劇を越えた試み『ドク...の画像はこちら >>

KAAT神奈川芸術劇場ホールにて上演されている『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』。カフカの作品は、いくつかの短編のほか長編は未完成3作が残るのみだが、その4作目が発見されたら・・・!?夢のたられば物語を、“カフカ好き”を公言するケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が作り上げた。出演者は、多部未華子瀬戸康史音尾琢真渡辺いっけい、麻実れいなど。


カフカの実人生、小説、そしてその世界観をリスペクトし、KAATという大きな空間に立ち上がらせた本作。小野寺の振付と、真摯な俳優たち、KERAの演出が客席を飲み込んでくる舞台の様子をレポートする。


(以下、作品の一部内容やカフカについて触れています)


カフカ×KERAだからこそ生み出せた、演劇を越えた試み『ドクター・ホフマンのサナトリウム』レポート
013516_6.jpg


この舞台は、カフカが晩年に公園で散歩中に少女と出会った・・・というエピソードが元となっている。当時4歳だった少女が100歳の老女(麻実)となった2019年。孫のブロッホ(渡辺)は、家にあったカフカの未発表原稿を出版社に持ち込み、金を得ようとしていた。これが出版されれば、カフカ第4の長編小説として世界中から注目されることに間違いない!


カフカ×KERAだからこそ生み出せた、演劇を越えた試み『ドクター・ホフマンのサナトリウム』レポート
013516_13.jpg


発見されたのはどんな小説かというと、若い女性カーヤ(多部)の冒険物語。カーヤは出兵間近の恋人ラバン(瀬戸)と旅に出ると、幸せそうだった二人は生き別れに。やがてカーヤの元に「ラバンが戦死した」という報せが届く。カーヤは恋人の生死を確かめるため戦地に向かうことにする。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

多部未華子のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「多部未華子」に関する記事

「多部未華子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「多部未華子」の記事

次に読みたい「多部未華子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク