平野良の初演出『BIRTHDAY』 開幕レポート“平野ジャパン”?11人が一丸となって目指すもの
013580.jpg

平野良の初演出『BIRTHDAY』 開幕レポート“平野ジャパ...の画像はこちら >>

俳優の平野良が演出した舞台『BIRTHDAY』が、2019年11月27日(水)に東京・こくみん共済coopホール(全労済ホール)/スペース・ゼロにて開幕した。平野は原案も手掛けており、これが初演出作品となる(脚本は西垣匡基が担当)。初日前には、秋沢健太朗オラキオ、栗原大河、碕理人、反橋宗一郎谷佳樹葉山昴、宮河慶信、山脇辰哉、鷲尾修斗(50音順)と平野が揃って登壇し、作品について語った。


平野良の初演出『BIRTHDAY』 開幕レポート“平野ジャパン”?11人が一丸となって目指すもの
013580_8.jpg


主演を務める宮河は、これが初舞台となる新人。オーディションで平野自身が選んだという。「初オーディションで、初舞台で、初主演・・・、いろんなことが初めてで、分からないことばかりでしたが、皆さんにいろいろ教えいただいて、ここまで形にできました。たくさんの方に観てもらいたいです」と少々緊張しながらも、先輩たちに見守られ、役者を志す者が誰しも経験する最初の一歩を踏み出す。


そんな宮河について、平野は「ピュアの具現化、観ていただければ分かると思うんですが、心が救うような透明感があるんですよ。もちろん、初舞台なのでまだ粗削りではありますが、それを凌駕する存在感を持っているので楽しみにしていただきたいです」と太鼓判を押した。


平野良の初演出『BIRTHDAY』 開幕レポート“平野ジャパン”?11人が一丸となって目指すもの
013580_2.jpg


次に、谷が「(平野)良くんの人望や今まで積み上げてきたものが集約された場所に自分もいられることが嬉しいです。僕は、このメンバーを“平野JAPAN”と呼んでいるんですけど・・・」と言うも、周囲からは「聞いたことないよ?!」との声が飛び、事務所の先輩でもある平野からは「見出し狙ってる(笑)?」というツッコミが・・・。