「あおざくら 防衛大学校物語」舞台化 本郷奏多や高崎翔太らドラマと同キャスト

記事まとめ

  • ドラマ「あおざくら 防衛大学校物語」が2020年4月に舞台化。
  • 主演の本郷奏多をはじめ、高崎翔太ら主要キャストが再集結。
  • 原作者の二階堂ヒカルと出演者の各コメントも。

本郷奏多、高崎翔太らドラマと同キャストで『あおざくら 防衛大学校物語』舞台化

       

本郷奏多、高崎翔太らドラマと同キャストで『あおざくら 防衛大学校物語』舞台化
013593.jpg

MBSドラマ特区枠で放送され、最終回を迎えたばかりのTVドラマ『あおざくら 防衛大学校物語』が主演の本郷奏多をはじめ主要キャストはそのままに、2020年4月に舞台化することが発表された。「あおざくら 防衛大学校物語」は、「週刊少年サンデー」(小学館)で連載されている二階堂ヒカルの人気漫画。厳しすぎる防衛大学校の学生を舞台に、主人公である近藤勇美と仲間たちとの、筋肉と汗と涙の青春物語。


出演者には、本郷のほか、結木滉星小澤廉小園凌央、伊阪達也、狩野健斗、高崎翔太とドラマ版と同じ顔ぶれが並ぶ。


脚本はドラマも手掛けた吉田恵里香、演出は伊勢直弘が担当。ドラマで培った“体育会系チーム防大”の再集結を楽しみにしよう。


本郷奏多、高崎翔太らドラマと同キャストで『あおざくら 防衛大学校物語』舞台化
013593_2.jpg


以下、舞台化発表と共に届いた原作者の二階堂と出演者の各コメントを紹介。


◆二階堂ヒカル(原作者)
自分の作品を役者さんに演じていただくことで、漫画よりも緊張感をはじめとした現場の空気がこんなに伝わるんだ、と新鮮な気持ちでドラマは拝見していました。役者さんの台詞からは、感情の細かい機微まで感じ取れたので、言葉が心に刺さりゾワゾワしたくらいです。これから始まる舞台は、役者さんたちの持つ眩しさと熱量が伝わる内容になるといいな、と楽しみにしています。ただ、もしも舞台で「腕立て伏せを繰り返すシーン」があったらどうしようと心配です。特に主演の本郷さんは、筋肉がモリモリついてしまうのではないかと・・・細めな身体にダークさを秘めている本郷奏多さんが演じる近藤に、とても魅力を感じています。


本郷奏多のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「本郷奏多 + 潔癖」のおすすめ記事

「本郷奏多 + 潔癖」のおすすめ記事をもっと見る

「本郷奏多 + キングダム」のおすすめ記事

「本郷奏多 + キングダム」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「池松壮亮」のニュース

次に読みたい関連記事「池松壮亮」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 本郷奏多 キングダム
  2. 本郷奏多 潔癖

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。