松尾スズキの問題作『母を逃がす』がノゾエ征爾の新演出で蘇る

松尾スズキの問題作『母を逃がす』がノゾエ征爾の新演出で蘇る
013618.jpg

松尾スズキによる人間の内面を鋭くえぐる問題作『母を逃がす』が、ノゾエ征爾による“新演出”で2020年5月に甦ることが明かされた。


本作は、来年1月にシアターコクーンの新芸術監督に就任する松尾スズキが1999年に自身の劇団「大人計画」で上演した作品(2010年に再演)。自給自足の共同生活を営んでいる架空の農業コミューンを舞台に、そこに生きる人々の切実な日常生活を痛烈な笑いで描き、1999年には、第3回鶴屋南北戯曲賞にもノミネートされている。


出演者には瀬戸康史三吉彩花稲葉友山下リオもう中学生、町田水城、山口航太、湯川ひな、武居卓、家納ジュンコ、マキタスポーツ峯村リエ高田聖子六角精児らが名を連ねている。


松尾スズキの問題作『母を逃がす』がノゾエ征爾の新演出で蘇る
松尾スズキ、ノゾエ征爾


◆松尾スズキ(作)
芸術監督ともなれば、新しい演出家をコクーンに呼びこむというような仕事もあり、そうなると、真っ先に頭に浮かんだのが、ノゾエ征爾なのだった。彼が私の教え子であることを差し引いても、コクーンという劇場の空間を埋めるスペクタクル演出のできる数少ない若手演出家なのに、なぜ早くコクーンに出てこないのだと思ってすらいた。


私は、ノゾエ作品のファンだ。音楽を扱えることも含め、ノゾエ作品にはハナと、笑いと、切なさがある。不条理でわけがわからない、と思いつつ、なぜか涙が出そうな瞬間もある。それは、ノゾエが上手だからだと思う。拙作『母を逃がす』を演出してもらいたいと提言した。実力のある俳優も集まり、楽しみである。


あわせて読みたい

瀬戸康史のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「瀬戸康史 + 千葉雄大」のおすすめ記事

「瀬戸康史 + 千葉雄大」のおすすめ記事をもっと見る

「瀬戸康史 + Instagram」のおすすめ記事

「瀬戸康史 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「真剣佑」のニュース

次に読みたい関連記事「真剣佑」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 瀬戸康史 Instagram
  2. 瀬戸康史 twitter
  3. 瀬戸康史 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。