飯塚健による会場一体型 新感覚エンターテインメント『コントと音楽』とは

飯塚健による会場一体型 新感覚エンターテインメント『コントと音楽』とは
013630.jpg

2019年12月6日(金)に神奈川・横浜赤レンガ倉庫内のライブレストラン「モーション・ブルー・ヨコハマ」にて、コントと音楽 vol.01『振り返れない。』が開幕した。事前に、同会場では合同取材が開催され、演出・脚本の飯塚健と、出演の関めぐみ加村真美、日高七海が登壇し、作品について語った。


ライブレストランを舞台に繰り広げられる新しいエンターテインメントの形を目指す本作。いわゆる“演劇”というスタイルではなく、客席の一部を小さな舞台装置として出演者たちが何本かのコントを披露し、その合間にステージ上ではモーション・ブルー・ヨコハマの普段のスタイルでバンドがコントの内容と連動して演奏するという内容となっている。


脚本・演出を担当するのは、『荒川アンダー ザ ブリッジ』シリーズをはじめ数々のヒット映画・ドラマを手がけてきた映画監督・脚本家の飯塚。キャストには、関、加村、日高のほかに、中別府、三浦俊輔、山田瑠々、久具巨林、平田貴之、市原朋彦、福田航也が名を連ね、音楽プロデュースを映画『北の守』で日本アカデミー賞秀音楽賞を受賞した海田庄吾、衣裳をファッション・スタイリストとして数々の映画衣裳を担当してきた白石敦子が務める。


物語の舞台は2019年師走の横浜のとあるライブレストラン。ふと耳に入ってくる、気になる会話がすべてのはじまり。「ヤバい。向こうの席に、元カレがいる!」「お父さんとご飯食べれるの、もう最後かもしれない」などなど・・・。たまたま入ったレストランで隣の席の会話が気になったりしたこと、誰でもあるはず。そんな思わず「きき耳立てました」的なシチュエーションを主軸に繰り広げられる、元カレも元カノも家族も友達も入り乱れてのコントの連続。そしてそこに寄り添う煌びやかなメロディとリズム。まさにザッツ・きき耳&盗み聞きエンターテインメント・ショーが開幕する!


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。