あの魔術と神秘の世界を目の前で体感せよ!音楽劇「ロード・エルメロイII世の事件簿 -case.剥離城アドラ-」プレビュー公演レポート

あの魔術と神秘の世界を目の前で体感せよ!音楽劇「ロード・エルメロイII世の事件簿 -case.剥離城アドラ-」プレビュー公演レポート
013728.jpg

あの魔術と神秘の世界を目の前で体感せよ!音楽劇「ロード・エル...の画像はこちら >>

音楽劇「ロード・エルメロイII世の事件簿 -case.剥離城アドラ-」のプレビュー公演が、2019年12月15日(日)に千葉・市川市文化会館 大ホールにて上演された。原作は、三田誠の小説「ロード・エルメロイII世の事件簿」。魔術師たちの総本山・時計塔を舞台に、現代の常識でははかり知れない、魔術の世界で引き起こされる出来事に、ロード・エルメロイII世が内弟子のグレイとともに立ち向かっていく姿を描いた魔術ミステリーだ。


あの魔術と神秘の世界を目の前で体感せよ!音楽劇「ロード・エルメロイII世の事件簿 -case.剥離城アドラ-」プレビュー公演レポート
013728_22.jpg


2019年7月から9月にかけてテレビアニメ「ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン) Grace note-」がオンエアされたが、今回舞台化される「case.剥離城アドラ」は、アニメ未放送。原作ファンの間でも人気のエピソードだけに、キャスト・スタッフたちが謎の渦巻く悲愴な世界をどのようにして舞台に立ち上げるのか、上演前から大きな期待が寄せられていた。


あの魔術と神秘の世界を目の前で体感せよ!音楽劇「ロード・エルメロイII世の事件簿 -case.剥離城アドラ-」プレビュー公演レポート
013728_10.jpg


まず驚かされたのが、魔術の表現に用いられるマジックやイリュージョンの数々。冒頭、誰もいないロード・エルメロイII世(松下優也)の部屋から帽子やジャケットがひとりでに浮かび上がったかと思うと、衣類が次々と組み合わさり、まるで透明人間が服を着たような光景に。


あの魔術と神秘の世界を目の前で体感せよ!音楽劇「ロード・エルメロイII世の事件簿 -case.剥離城アドラ-」プレビュー公演レポート
013728_2.jpg


そこへ飛び込んできたのは、フラット・エスカルドス(納谷健)とスヴィン・グラシュエート(伊崎龍次郎)だ。ふたりはロード・エルメロイII世が教鞭を執る現代魔術科「エルメロイ教室」の生徒で、突然授業を自習にしたロード・エルメロイII世を心配して訪ねて来たらしい。しかし部屋に忍び込むや否や、ふたりめがけて銀色の物体が襲いかかる。まるでバッティングセンターのように銀色の物体を打ち返すフラットとスヴィンの様子を紗幕に映像を投射することで表現。驚きのマジックと、映像と俳優のコラボレーションで、開始からわずか5分と経たないうちに、観客を魔術と神秘の世界へ引き込んでいく。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク