舞台『巌窟王 Le theatre』開幕!橋本祥平、福山潤の励ましに「伸び伸びと演じられた」

舞台『巌窟王 Le theatre』開幕!橋本祥平、福山潤の励ましに「伸び伸びと演じられた」
013766.jpg

2019年12月20日(木)に東京・こくみん共済coopホール(全労済ホール)/スペース・ゼロにて舞台『巌窟王 Le theatre』が開幕。初日前には囲み会見とゲネプロが行われ、橋本祥平、谷口賢志、前嶋曜(JBアナザーズ)、遠山景織子徳山秀典が登壇。意気込みや見どころを語った。


本作はTV放送15周年を迎えたアニメ『巌窟王』の舞台化作品。フランスの古典文学の名作「モンテ・クリスト伯」(アレクサンドル・デュマ著)を原作に、物語の舞台を幻想未来のパリに移し替え、復讐の生贄となる一人の少年の目線から物語を再構築。残酷でイノセントな“復讐のパンク・オペラ”として描いている。


舞台『巌窟王 Le theatre』開幕!橋本祥平、福山潤の励ましに「伸び伸びと演じられた」
舞台『巌窟王 Le theatre』舞台写真


◆橋本祥平(アルベール・ド・モルセール子爵役)
いよいよ来たな、という感じです。稽古初日から1ケ月間、本番に向けて全員で挑んできたのですが、稽古内容が濃すぎて、体感的には半年間くらいずっとみんなで芝居を作っていたかのような、濃密な時間を過ごさせていただきました。


稽古場で全員の脳みそを使って必死で考えて、正直稽古途中は脳みそがどろどろだったのですが(笑)、演出の村井雄さんからはじまり、賢志さんも引っ張っていってくださり、最後の最後まであきらめずに挑戦し続けることができました。


小屋入りを迎えるまでに、アニメ版アルベール役の声優である福山潤さんとお話しさせていただく機会があったのですが「役者の芝居の幅が狭まるから、声は寄せなくていい」というありがたいお言葉をいただくことができ、僕たちも伸び伸びとこの作品を作っていけました。ぜひ会場に、「巌窟王」の世界観を体感しに来ていただけると嬉しいです。


あわせて読みたい

前嶋曜のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。