平野良&安西慎太郎W座長ででトンデモ設定の“本能寺の変”!『明治座の変~麒麟にの・る~』開幕

平野良&安西慎太郎W座長ででトンデモ設定の“本能寺の変”!『明治座の変~麒麟にの・る~』開幕
013819.jpg

平野良&安西慎太郎W座長ででトンデモ設定の“本能寺の変”!『...の画像はこちら >>

2019年12月28日(土)に東京・明治座にて『明治座の変~麒麟にの・る~』が開幕した。本作は、演劇製作会社る・ひまわりと創業140年超の老舗大劇場・明治座がタッグを組み、歴史ものをテーマに上演を続ける“祭”シリーズ最新作。今年は演出を原田優一、脚本を赤澤ムックが手掛け、W座長を平野良安西慎太郎が務めている。本記事では、初日前日に行われた公開ゲネプロの模様をレポートする。


今回の出演者は、平野、安西のほか、神永圭佑、木ノ本嶺浩、大山真志、井阪郁巳、松田岳、小早川俊輔、吉村駿作、土屋神葉、林剛史、谷戸亮太、川隅美慎、二瓶拓也、井深克彦、中村龍介、加藤啓内藤大希(31日のみ出演)・原田優一(Wキャスト)、椿鬼奴、辻本祐樹、粟根まこと、凰稀かなめ(特別出演)。



【あらすじ】
「この世に名君現るとき、麒麟もまた現る――」
昔々、神獣・麒麟がいた。
麒麟は天下人だけが見ることができる不思議な神獣だった。
それ故に、天下を目指した人々は麒麟を奪い合い争った。


平野良&安西慎太郎W座長ででトンデモ設定の“本能寺の変”!『明治座の変~麒麟にの・る~』開幕
013819_7.jpg


令和元年、何かを探して客席から現れた“きりん”(加藤)と飼育員田村さん(中村)は、現代の青年・竹中くん(井阪)に声をかけ、「竹中半兵衛の代役を探している」と強引にタイムワープする。一方、語り部として現れた紙芝居屋のおっちゃん(粟根)は、徳川家康(原田/内藤)は、神獣“麒麟”の話を語り始める・・・。


平野良&安西慎太郎W座長ででトンデモ設定の“本能寺の変”!『明治座の変~麒麟にの・る~』開幕
013819_6.jpg


平野良&安西慎太郎W座長ででトンデモ設定の“本能寺の変”!『明治座の変~麒麟にの・る~』開幕
013819_8.jpg


そして時は永禄十年(1567年)、戦国時代――。
少しサイコパス気味の安土の武将・織田信長(安西)は、いつか自分にも麒麟が見えることを疑わず、戦に明け暮れていた。
信長をこころよく思っていない朝廷は、将軍・足利義昭(川隅)に命じ、ある策略を巡らせる。
それは、将軍家に近い武将・明智光秀(平野)に織田側のスパイをさせること。
しかし呼び出された光秀は、ものの数秒で将軍の命令を断り、その場から出奔する。
どうやら、光秀は何か大きな秘密を抱えているようで・・・。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

平野良のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「平野良」に関する記事

「平野良」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「平野良」の記事

次に読みたい「平野良」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク