KERA、2020年に新作3本を含む舞台4作品の上演を発表!「KERA×古田新太」に新ユニット構想も

KERA、2020年に新作3本を含む舞台4作品の上演を発表!「KERA×古田新太」に新ユニット構想も
013975.jpg

精力的に新作を発表し続け、演劇界を牽引する劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が、2020年に4本の舞台作品を手掛け、うち4本の新作とすることを発表した。1本目は、大竹しのぶ宮沢りえ井上芳雄黒木華杉咲花生瀬勝久などの出演が発表されている『桜の園』を4月に上演。その後、年内に3本の新作公演が予定されており、いずれもKERA作・演出の書き下ろし作品となる予定だ。


チェーホフの4大戯曲をKERAの上演台本・演出で全作上演する企画「KERA meets CHEKHOV」の最終章となる『桜の園』について、KERAは「シス・カンパニーとのチェーホフシリーズもこれにて完結。ちょっとどうかと思うほどのオールスター・キャストが集結してくれてしまいましたが、チェーホフはあくまでチェーホフ。力まずにいきます」と語っている。


続く夏に控えるのは、古田新太座長をつとめKERAが作・演出を担う“KERA×古田新太”企画。これまで、4、5年に一度のペースで上演し、2016年の『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』を含む“ナンセンスの極致”と言える3作品を発表してきた。本多劇場で行われるこの新作には、古田新太、小池栄子秋山菜津子大東駿介大倉孝二犬山イヌコ山西惇などが参加。


KERAいわく「古田新太座長との“ナンセンス三部作”は2016年の『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』を以て素敵に完結したわけですが、チームは無くなったわけではありません。新たな参加者も加わり、今度は強烈な“ブラックコメディ”を作るつもり。昨今のひっどい世の中には真っ黒な喜劇で一石、いや、七、八石投じたい」とのこと。


あわせて読みたい

古田新太のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「古田新太 + ドラマ」のおすすめ記事

「古田新太 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「遠藤憲一」のニュース

次に読みたい関連記事「遠藤憲一」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「生瀬勝久」のニュース

次に読みたい関連記事「生瀬勝久」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 古田新太 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。