赤坂大歌舞伎『怪談 牡丹燈籠』製作発表!源孝志「中村七之助の焦がれ死にをお楽しみに」

赤坂大歌舞伎『怪談 牡丹燈籠』製作発表!源孝志「中村七之助の焦がれ死にをお楽しみに」
014020.jpg

2020年5月に東京・TBS赤坂ACTシアターにて赤坂大歌舞伎『怪談牡丹燈籠』が上演される。その製作発表会見が1月28日(火)に都内にて行われ、中村獅童中村勘九郎中村七之助孝志(脚本・演出)が登壇した。


2008年、十八代目中村勘三郎の“芸能の街・赤坂で歌舞伎を!”という一言から始まった「赤坂大歌舞伎」。世話物の傑作『狐狸狐狸ばなし』/松羽目物『棒しばり』、2010年には『人情話文七元結』/『鷺娘』、2013年には亡き中村勘三郎の遺志を継ぎ、中村勘九郎、中村七之助兄弟を中心に勘三郎の当り狂言であった『怪談乳房榎』を上演した。


さらに、2015年に『操り三番叟』/『お染の七役』、2017年には蓬莱竜太の作・演出による新作歌舞伎『夢幻恋双紙 赤目の転生』を上演。そして、約3年の時を経て6度目となる今回は、三大怪談噺の一つと呼ばれ、明治25年に歌舞伎化されて以来、公演されてきた人気の演目『怪談 牡丹燈籠』が上演される。


赤坂大歌舞伎『怪談 牡丹燈籠』製作発表!源孝志「中村七之助の焦がれ死にをお楽しみに」
014020.jpg


脚本と演出には2019年に放送されたTVドラマ版『令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear』でも脚本・演出を手掛けた源孝志を迎え、原作落語にある人間模様のおもしろさを再発掘し、新たな解釈も加えて新作に挑む。


挨拶に立った源は「『夢幻恋双紙 赤目の転生』を観た時に、こういう新しい試みができるものなんだと、すごくいい印象でした」と振り返り「なので、今回お話をいただいた時に、挑戦的な演出を試してみたいと思いました。歌舞伎の格好良さというのはスポイルはしたくないなというのがあって、伝統的な歌舞伎の格好良さや細かい感情表現がちゃんと含まれている『牡丹灯籠』にしようと思っています」と明かした。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「中村獅童 + Instagram」のおすすめ記事

「中村獅童 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「中村獅童 + 竹内結子」のおすすめ記事

「中村獅童 + 竹内結子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「玉山鉄二」のニュース

次に読みたい関連記事「玉山鉄二」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 中村獅童 Instagram
  2. 中村獅童 竹内結子

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。