山本裕典、富田翔らが“事件”の真相を追うミステリー『カレイドスコープ』稽古場レポート

山本裕典、富田翔らが“事件”の真相を追うミステリー『カレイドスコープ』稽古場レポート
014164.jpg

2020年2月20日(木)に開幕する舞台『カレイドスコープ-私を殺した人は無罪のまま-』。本作は、劇団時間制作の谷碧仁と、演出の吉谷光太郎がミュージカル『王室教師ハイネ -THE MUSICAL Ⅱ-』以来2回目のタッグを組んで仕掛けるオリジナルのミステリー作品だ。開幕を目前に控えた本作の、稽古場のレポートをお届けする。


山本裕典、富田翔らが“事件”の真相を追うミステリー『カレイドスコープ』稽古場レポート
014164_4.jpg


緊張感が漂う稽古場には、そこには白熱した芝居をみせる、山本裕典、富田君沢ユウキらの姿があった。物語は、タイトルにある強烈な言葉通り、「ひとりの少女の死」を巡って、事件の関係者が森田凌平(富田)の別荘に集められたところから始まる。


山本裕典、富田翔らが“事件”の真相を追うミステリー『カレイドスコープ』稽古場レポート
014164_6.jpg


この日は娘のかすみ(木村心静)を亡くした親友・凌平のために事件の真相を解き明かそうと奮闘する伊藤健一(山本)を中心に、かすみの死が“他殺”なのか、それとも“自殺”なのかを議論する重要なシーンの稽古が行われていた。


被害者を支援する男・五十嵐智久(磯貝龍乎)が「自殺説」を支持すると、凌平の姉である鯨井祥子(西丸優子)も「自殺説」に賛同する。祥子は娘の久美(大島涼花)が事件当日に首を吊って亡くなった、かすみの姿を目撃してしまったことに心を痛めており、とにかく早くこの一件を忘れたいと考えていた。


山本裕典、富田翔らが“事件”の真相を追うミステリー『カレイドスコープ』稽古場レポート
014164_7.jpg


一方、娘は夏樹陸(桑野晃輔)に殺されたと考えている凌平は二人の言葉を聞き、激昂。一触即発の空気が流れる。そんな中、中立的な立場を貫く健一が「一度、皆さんの決をとりましょう」と場を収めようとするが、「おもしろそうだから」という理由で記者の浅井幸助(君沢)が火に油を注ぐように「自殺説」に賛同。


あわせて読みたい

山本裕典のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「山本裕典 + 解雇」のおすすめ記事

「山本裕典 + 解雇」のおすすめ記事をもっと見る

「山本裕典 + フライデー」のおすすめ記事

「山本裕典 + フライデー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「薬丸裕英」のニュース

次に読みたい関連記事「薬丸裕英」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 山本裕典 Instagram
  2. 山本裕典 フライデー
  3. 山本裕典 引退

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。