荒牧慶彦、健人が“狂言”に挑戦『能楽男師』第2回公演キービジュアル公開

荒牧慶彦、健人が“狂言”に挑戦『能楽男師』第2回公演キービジュアル公開
014197.png

大蔵流狂言師・善竹富太郎の監修のもと、若手俳優が伝統芸能“狂言”の世界を表現し、「能楽」を後世へ伝えるプロジェクト『能楽男師』の第2回公演が、2020年3月15日(日)に行われる。今回は、荒牧慶彦と健人が初参加し、「鴈礫(がんつぶて)」と「附子(ぶず)」の2演目を上演する。


荒牧は「鴈礫」のシテ(主演)大名役と「附子」のアド次郎冠者役、健人は「附子」のシテ(主演)太郎冠者役と「鴈礫」のアド道通り(みちどおり)役を演じる。


荒牧慶彦、健人が“狂言”に挑戦『能楽男師』第2回公演キービジュアル公開
014197_2.png


このほか、岩崎孝次と上堂地かんきも出演する。


狂言公演『能楽男師~鴈礫・附子~』は、3月15日 (日)に東京・宝生能楽堂にて上演される。


<タイムスケジュール>
第1部15:00~16:30(14:00開場)
第2部19:00~20:30(18:00開場)
※各回出演者によるお見送り付


【あらすじ】
「鴈礫(がんつぶて)」
狩りに来た大名が鴈を射ようとしたところへ、突如通りかかった道通り(みちどおり)が石礫で鴈を打殺し持ち去ろうとする。
悔しがった大名が、自分が狙い殺したので自分のものだと主張して、男に矢を向けて脅す。
そこへ仲裁人が現れ、大名に、鴈を射ることができたら大名のものとしようと言い、その鴈をもとのところへ置いて射させのだが・・・。


「附子(ぶす)」
外出する主人から「附子(毒)が入っている桶には近づくな」と言われた使用人の太郎冠者(たろうかじゃ)と次郎冠者(じろうかじゃ)だったが、附子のことが気になり桶の中身を覗くと、毒というのはまったくの嘘で、正体は砂糖であった。
二人は奪い合うようにして砂糖を食べつくしてしまい、マズいと思った二人は、主人が大切にしている茶碗と掛け軸を破壊し、 二人で大泣きするのだが・・・。


【公式サイト】https://gaku-dan.com/
【公式Twitter】@nougakudanshi


(C) 2020 ARAMAKI YOSHIHIKO  (C)SPACE CRAFT GROUP. (C)HERO

あわせて読みたい

荒牧慶彦のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「荒牧慶彦 + Instagram」のおすすめ記事

「荒牧慶彦 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「荒牧慶彦 + 刀剣乱舞」のおすすめ記事

「荒牧慶彦 + 刀剣乱舞」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「椎名鯛造」のニュース

次に読みたい関連記事「椎名鯛造」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 荒牧慶彦 Instagram
  2. 荒牧慶彦 イベント
  3. 荒牧慶彦 刀剣乱舞

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。