多和田任益らが攻めに攻める!『改竄・熱海殺人事件』モンテカルロ・イリュージョン稽古場レポート

多和田任益らが攻めに攻める!『改竄・熱海殺人事件』モンテカルロ・イリュージョン稽古場レポート
014310.jpg

多和田任益らが攻めに攻める!『改竄・熱海殺人事件』モンテカル...の画像はこちら >>

2020年3月12日(木)に東京・紀伊國屋ホールにて開幕した『改竄・熱海殺人事件』。つかこうへい没後10年に向けて、1月末には『飛龍伝 2020』、3月からは『改竄・熱海殺人事件』が、命日にあたる7月には『蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く』が連続上演される。


多和田任益らが攻めに攻める!『改竄・熱海殺人事件』モンテカルロ・イリュージョン稽古場レポート
014310_2.jpg


そのうち、『改竄・熱海殺人事件』は中屋敷法仁が演出を手がけ、「ザ・ロンゲストスプリング」と「モンテカルロ・イリュージョン」を2本立てで上演。新型コロナウイルス感染拡大に伴う状況を鑑みて、掲載を見合わせていたが、本記事では「モンテカルロ・イリュージョン」の稽古場の様子をレポートする。


1973年に発表された『熱海殺人事件』は、『売春捜査官』『平壌から来た女刑事』など変化させながら上演されてきたつかこうへいの代表作。「モンテカルロ・イリュージョン」は、つかこうへいが阿部寛のために書き下ろしたバージョンだ。今回は、木村伝兵衛部長刑事役の多和田任益を筆頭に、水野朋子役に兒玉遥、容疑者・大山金太郎役に鳥越裕貴、山形から来た田舎刑事の速水健作役に菊池修司という布陣で本作に挑む。


多和田任益らが攻めに攻める!『改竄・熱海殺人事件』モンテカルロ・イリュージョン稽古場レポート
014310_3.jpg


稽古場では、場面ごとに台詞の修正や立ち位置の確認が細かく行われていた。中屋敷は、音響とタイミングを合わせ、「この台詞は取ろう」「この言葉、付け加えてもらってもいい?」と、つかこうへいの手法“口立て”を思わせるスピーディな変更で、言葉のリズムを整えていく。


多和田任益らが攻めに攻める!『改竄・熱海殺人事件』モンテカルロ・イリュージョン稽古場レポート
014310_5.jpg


同時上演される「ザ・ロンゲストスプリング」が『熱海殺人事件』の決定版と言われている一方で、「モンテカルロ・イリュージョン」は“異端”とされている。それは、設定からも明らか。まず、多和田が演じる木村伝兵衛には、バイセクシュアルという人物背景がある。また、オリンピックもキーワードとなっており、「ザ・ロンゲストスプリング」と共通の台詞がありながらもまったく色が違う。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

多和田任益のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「多和田任益」に関する記事

「多和田任益」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「多和田任益」の記事

次に読みたい「多和田任益」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク