成河が馬を演じる『ある馬の物語』音月桂ら追加キャスト14名を発表

成河が馬を演じる『ある馬の物語』音月桂ら追加キャスト14名を発表
014323.jpg

2020年6月から7月にかけて上演される白井晃演出の『ある馬の物語』より、全キャストが発表された。本作は、ロシアの文豪トルストイの小説を舞台化したもの(脚色:マルク・ロゾーフスキイ)で、1975年にロシアで初演された作品。これまでに成河別所哲也小西遼生の出演が決定していたが、この度、音月桂をはじめとする14名の出演が追加された。


音月のほかは、大森博史、小宮孝泰、春海四方小柳友、浅川文也、天野勝仁、西田欧誼、須田拓未、穴田有里、香月彩里、小林風花、永石千尋、熊澤沙穂といった顔ぶれ。


成河が馬を演じる『ある馬の物語』音月桂ら追加キャスト14名を発表
014323_2.jpg


本作では、人間という愚かな生き物と思考する聡明な馬とを対比させ、「生きることとは何か?」という普遍的なテーマを詩情豊かに問う。


【あらすじ】
ホルストメールは、天性の俊足を持つ駿馬だったが、人間の嫌う「まだら模様」に生まれついたがために、価値のない馬と見なされて育てられた。
ある日、厩舎に凛々しい公爵が現れた。
主人は見た目の美しい
馬をすすめたが、公爵は一目でホルストメールの天性の素晴らしさを見抜き、彼を安価な値段で買い取った。
侯爵との生活はホルストメールの生涯で、唯一の最も輝かしく幸福な日々となった。
だがある日、公爵の気まぐれから、ホルストメールは競馬に出走することになる。
その競馬場で侯爵の愛人マチエは、若く美しい将校と出会い姿を消してしまう。
公爵は気が動転し、ホルストメールをそりに繋ぎ激しく鞭打ち走らせた。
ようやくマチエに追いついた時、ホルストメールは力尽き、病に倒れてしまう。
その日からホルストメールと侯爵の流転の人(馬)生がはじまった・・・。


あわせて読みたい

小西遼生のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「小西遼生 + ライブ」のおすすめ記事

「小西遼生 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「小西遼生 + 結婚」のおすすめ記事

「小西遼生 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「やべきょうすけ」のニュース

次に読みたい関連記事「やべきょうすけ」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 小西遼生 ライブ
  2. 小西遼生 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。