読『芥川龍之介 地獄変』オンライン上演レポート――元吉庸泰、米原幸佑、板倉光隆らが模索する「生きがい」

読『芥川龍之介 地獄変』オンライン上演レポート――元吉庸泰、米原幸佑、板倉光隆らが模索する「生きがい」
014631.jpg

読『芥川龍之介 地獄変』オンライン上演レポート――元吉庸泰、...の画像はこちら >>

元吉庸泰、米原幸佑、板倉光隆の3名による企画ユニット「PUBLIC GARDEN!(パブリックガーデン!)」が、オンラインリーディングとして読『芥川龍之介 地獄変』を“上演”する。これに先駆け、前日にはオンライン公開ゲネプロが行われ、元吉、米原、板倉の3名が、公演に至った経緯、意気込みなどを語った。


本作の出演者であり、元吉が主催する劇団エムキチビートメンバー・若宮亮の司会のもと、オンライン囲み会見が行われた。作品の配信や、オンライン上演はこれまでにもあちこちで行われてきたが、会見がオンラインで行われるのはおそらく初の試みである。


読『芥川龍之介 地獄変』オンライン上演レポート――元吉庸泰、米原幸佑、板倉光隆らが模索する「生きがい」
014631_2.jpg


実は、この企画は元吉が「やろう」と皆に声をかけてから、11日しか経過していないという。新型コロナウイルス感染症拡大の状況と政府の緊急事態宣言の延長および地方自治体等の方針を鑑みて、劇場が開けられない現状。それに対し、元吉は「現在の限られた状態の中で、どうやって“演劇作品”というものを世に残していくか、“物語”をお客様に届けていくか、すごく考えました」と心境を打ち明けた。


これを「新しいフィールドを探る」一つの機会と捉えた上で、「俳優という存在が小出しになり、デイリーになってしまっているのが非常にもったいない」という思いを抱いていた。


本作は、タイトルにもあるように芥川龍之介の短編小説「地獄変」を元にしている。説話集「宇治拾遺物語」に収められた「絵仏師良秀」をアレンジして書かれており、芥川の<芸術至上主義>を語る上で欠かせない作品だ。PUBLIC GARDEN!では、元吉の演出で2015年に闇に浮かぶ美しく怖ろしい舞台作品に仕上げた(その冒頭は、YouTube上に公開されているので今も観ることができる)。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「元吉庸泰」に関する記事

「元吉庸泰」に関する記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク