「巣ごもりシアター」5月最終週は国内外の数々の賞を受賞した『紫苑物語』に

「巣ごもりシアター」5月最終週は国内外の数々の賞を受賞した『紫苑物語』に
014670.jpg

世界のオペラの功績を表彰する「International Opera Awards 2020」新作部門ノミネート作品『紫苑物語』が、新国立劇場が行っている「巣ごもりシアター」として配されることが決定した。


『紫苑物語』(1956 年発表)は昭和を代表する作家・石川淳が平安王朝期に舞台をとって書いた小説で、歌の家に生まれた国司の宗頼が歌を捨て弓の道を見出し、己の鏡ともいうべき仏師・平太と出会い、その仏を射ると岩山もろとも崩落するという物語。


「巣ごもりシアター」5月最終週は国内外の数々の賞を受賞した『紫苑物語』に
『紫苑物語』舞台写真


いにしえの日本を舞台としながらも、世界へ発信するオペラの題材にうってつけの今日性と普遍性を持った本作。新作オペラという困難な企画ながら、公演会場には世界初演に立ち会おうと連日満場の観客が集まり、緊張感みなぎるドラマに熱狂した客席からスタンディングオベーションが続いた。


日本を代表する現代音楽の作曲家・西村朗、西村と長く共同作業をしている詩人の佐々木幹郎(台本)、三島由紀夫の最後の弟子として昭和期の文化の真っただ中を生き、渡欧後はピーター・ブルックらと世界で活躍、東西の芸術に通じた俳優、演出家として活躍する笈田ヨシとの激しい共同作業によりオペラ『紫苑物語』が誕生。


「巣ごもりシアター」5月最終週は国内外の数々の賞を受賞した『紫苑物語』に
『紫苑物語』舞台写真


クリエイターチームには、キリアンやフォーサイスのデザインを経て欧州各地の舞台美術で活躍するトム・シェンク、『ライオンキング』でトニー賞を受賞し、世界の一流劇場の話題作を多数手掛けているリチャード・ハドソン、写真家出身で世界的アートイベントのライティングで活躍する照明家ルッツ・デッペが集った。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。