KERA&緒川たまきの新ユニット「ケムリ研究室」オンライン会見でコロナ禍で向き合う舞台制作を語る

KERA&緒川たまきの新ユニット「ケムリ研究室」オンライン会見でコロナ禍で向き合う舞台制作を語る
014824.jpg

KERA&緒川たまきの新ユニット「ケムリ研究室」オンライン会...の画像はこちら >>

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)と緒川たまきが新ユニット「ケムリ研究室」を結成し、2020年9月にユニット旗揚げ第一回新作公演『ベイジルタウンの女神』を上演する。5月末には、記者向けに“ユニット「ケムリ研究室」オンライン結成お披露目”が行われ、KERAと緒川から新ユニット立ち上げの経緯や、コンセプト、今後の構想などが語られた。


旗揚げ第1弾となる『ベイジルタウンの女神』は、ふとしたことから貧民街で暮らすことになった、俗世知らずの女社長を巡るコメディ作品。出演は、緒川のほか、仲村トオル水野美紀山内圭哉吉岡里帆、松下洸平、尾方宣久、菅原永二、植本純米、温水洋一犬山イヌコ高田聖子など。


KERA&緒川たまきの新ユニット「ケムリ研究室」オンライン会見でコロナ禍で向き合う舞台制作を語る
014824_3.jpg


オンライン会見で、緒川は2016年の『キネマと恋人』の初演時から二人で企画を立ち上げようという思いがあったことを明かし、「二人の中で“こんなことができたらいいな”といういくつかの貯金のようなものを、5~6年前から少しずつ温めてきました。今回、このようにたくさんの方にご協力いただいて、『ケムリ研究室』とちゃんと名前を打ち出すという作業は一昨年から始めました」と語った。


また、KERAは「緒川さんとは大抵の作品、特に人間ドラマ色の強いものはノンクレジットの作品でも何かと相談して、共同作業のように作品を作ってきたんです。今回が(初めて)公に二人で作るということになりますね。傍から見たら通常の公演と何が違うのか、ということになるかもしれないんですが、心持ちは結構違う。緒川さんは、通常だったら出演者の一人だけど今回はユニットの企画者なので」とこれまでの公演との違いを教えてくれた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク