KERA・古田新太が挑んだナンセンスコメディ×演劇×配信『PRE AFTER CORONA SHOW』

KERA・古田新太が挑んだナンセンスコメディ×演劇×配信『PRE AFTER CORONA SHOW』
015004.jpg

KERA・古田新太が挑んだナンセンスコメディ×演劇×配信『P...の画像はこちら >>

春、新型コロナウイルスの影響を受け、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)と古田新太のタッグ企画舞台『欲望のみ』が中止になった東京・本多劇場。これまでKERAと古田がタッグを組み、過去3本ナンセンスコメディの舞台を上演してきたが、そのレギュラーメンバーが集結し、7月12日(日)にCUBE produce『PRE AFTER CORONA SHOW』に挑んだ。


本作は、劇場でのリーディングアクト『プラン変更 ~名探偵アラータ探偵、最後から7、8番目の冒険~』の無観客上演生配信と、コント映像作品『PRE AFTER CORONA SHOW The Movie』配信、という二つのコンテンツで構成され、PIA LIVE STREAMにて公開された。


また、前日の7月11日(土)には、下北沢本多劇場で、”公開ゲネプロ”(無配信)が行われ、このゲネは、緊急事態宣言解除後初めて、本多劇場に一般観客が足を踏み入れた公演となった。以下、オフィスレポートをご紹介。


KERA・古田新太が挑んだナンセンスコメディ×演劇×配信『PRE AFTER CORONA SHOW』
『PRE AFTER CORONA SHOW』


7月11日(土)の公開ゲネプロは、約100名の観客が観劇。劇場入口では、全入場者にサーモグラフィ検査、手指の消毒、フェイスシールド配布などの感染症対策が行われ、客席は3席ごとに仕切り版で間仕切りされ、客席入口の扉はすべて開放されたまま、フルキャパシティの約30%の配席で上演された。


前説でKERAが登場し観客に挨拶。7月11日(土)が偶然にも本多劇場の創始者本多一夫の誕生日である事を観客に伝えると拍手が起こった。KERAの冗談に、穏やかな空気で応える客席。劇場に観客が戻って来たことが実感された。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

古田新太のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「古田新太」に関する記事

「古田新太」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「古田新太」の記事

次に読みたい「古田新太」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク