一路真輝、田代万里生らで描く『Op.110ベートーヴェン「不滅の恋人」への手紙』2020年冬に

一路真輝、田代万里生らで描く『Op.110ベートーヴェン「不滅の恋人」への手紙』2020年冬に
015206.jpg

一路真輝、田代万里生らで描く『Op.110ベートーヴェン「不...の画像はこちら >>

2020年11月から12月にかけて、11日(金)~12月26日(土)に舞台『Op.110ベートーヴェン「不滅の恋人」への手紙』の上演が決定した。本作では、ベートーヴェンと不滅の恋人・アントニーの「禁断の恋」のエピソードを軸に、真の芸術、不滅の恋をめぐる物語を、時間と記憶をさかのぼりながら描く。演出は栗山民也、出演者には、一路真輝、田代万里生、神尾佑前田亜季らが決定した。


ベートーヴェンの死後、秘密の引き出しからみつかった一通の手紙。そこには、愛情の高揚と気持ちの乱れが記されており、誰に宛てたものなのか、どこで書かれたのか一切不明だった。ただそこには、封印されなければならなかったふたりの運命と、恋人への深い愛だけが綴られていた。


ピアノ・ソナタ第31番 Op.110――その旋律から19世紀に生きた一人の女性の姿が浮かび上がる様を、ベートーヴェン生誕250周年の最後に日本発の物語として舞台に仕立てる。脚本は木内宏昌、音楽・演奏は新垣隆が担当。


一路はベートーヴェンの“不滅の恋人”アントニー役、田代はベートーヴェンの弟子で音楽家・フェルディナンド役、神尾はアントニーの夫で実業家のフランツ役、前田はベートーヴェンの元恋人・ジョセフィーネ役を演じる。このほか、安藤瞳、万里紗、春海四方、石田圭祐、久保酎吉が出演。


舞台『Op.110ベートーヴェン「不滅の恋人」への手紙』は、以下の日程で上演される。


【兵庫公演】11月28日(土)・11月29日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
チケット発売日:10月10日(土)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アントニーのプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「アントニー」に関する記事

「アントニー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アントニー」の記事

次に読みたい「アントニー」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク