愛希れいかが退団後初の単独主演作で魅せる!ミュージカル『フラッシュダンス』公開ゲネプロレポート

愛希れいかが退団後初の単独主演作で魅せる!ミュージカル『フラッシュダンス』公開ゲネプロレポート
015339.jpg

愛希れいかが退団後初の単独主演作で魅せる!ミュージカル『フラ...の画像はこちら >>

2020年9月12日(土)に東京・日本青年館ホールでミュージカル『フラッシュダンス』が開幕する。演出は岸谷五朗が務め、宝塚歌劇団退団後初の単独主演作となる愛希れいかが主人公・アレックスを演じ、廣瀬友祐、桜井玲香福田悠太植原卓也、Dream Shizuka、石田ニコルなだぎ武松田凌、大村俊介(SHUN)、秋園美緒、春風ひとみらが出演する本作。9月11日に行われた公開ゲネプロの様子と開幕に向けて到着したキャスト陣のコメントを伝える。


愛希れいかが退団後初の単独主演作で魅せる!ミュージカル『フラッシュダンス』公開ゲネプロレポート
015339_03.jpg


本作は、1983年に公開され、世界中で1億ドル以上の大ヒットを記録した伝説的アメリカ青春映画『フラッシュダンス』をミュージカル化したもの。生演奏によるスマッシュヒットソング「Maniac」や「Manhunt」、「I Love Rock’N Roll」、「Gloria」、そして映画の主題歌としてアカデミー賞を受賞したセンセーショナルなナンバー「What A Feeling」など、1980年代を代表するヒットソングの数々に乗せて大迫力のダンスによって夢見る少女・アレックスの夢、友情、恋の物語を描いている。


愛希れいかが退団後初の単独主演作で魅せる!ミュージカル『フラッシュダンス』公開ゲネプロレポート
015339_06.jpg


物語の舞台は、1983年のペンシルベニア州ピッツバーグ。製鉄所の工員服姿で登場したアレックスがヘッドフォンをつけてウォークマンのスイッチを押すと流れてくるのはあの名曲「What A Feeling」。それだけで心が躍るし、そこにアレックスの友人であるキキ(Dream Shizuka)とテス(石田)、グロリア(桜井)の歌声が乗っかると、あの「あぁ、まさにこれは『フラッシュダンス』の世界だ」と感じさせてくれた。そして、場面が変わったハーレイスティール社の製鉄所ではジョー(SHUN)やアンディ(松田)ら工員たちが魅せる圧巻のダンスパフォーマンスがこの作品のレベルの高さを示し、さらに『フラッシュダンス』の世界観へと引き込んでくれる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

愛希れいかのプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「愛希れいか」に関する記事

「愛希れいか」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「愛希れいか」の記事

次に読みたい「愛希れいか」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク