KERA&緒川たまきの新ユニット・ケムリ研究室公演第1弾!『ベイジルタウンの女神』が開幕

KERA&緒川たまきの新ユニット・ケムリ研究室公演第1弾!『ベイジルタウンの女神』が開幕
015352.jpg

KERA&緒川たまきの新ユニット・ケムリ研究室公演第1弾!『...の画像はこちら >>

2020年9月13日(日)に東京・世田谷パブリックシアターにて、ケムリ研究室no1『ベイジルタウンの女神』が開幕。ケムリ研究室は、劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)と女優・緒川たまきが新たに立ち上げたユニットで、第一回公演となる今回、仲村トオル水野美紀山内圭哉吉岡里帆、松下洸平、尾方宣久、菅原永二、植本純米、温水洋一犬山イヌコ高田聖子らが出演している。また、ステージングに小野寺修二、映像に上田大樹、音楽に鈴木光介ら演劇界のトップクリエイターが集結している。



KERAは、今年既にコロナ禍により『桜の園』『欲望のみ』という2つの公演中止を経験し、ようやく演劇公演で観客と対峙できる日を迎えた。今回の公演では、新型コロナウイルスの感染予防対策上、客席数を制限し、劇場入口でも消毒、サーモグラフィ検査、入場時の直接接触を避ける自動発券機導入など、カンパニーは多方面に渡る感染症対策を施し、上演を実施。来場客も、観劇前の来場者事前登録や「感染症対策のお願い事項」、劇場入口での感染症対策など、通常の観劇では求められない手間や手順に協力し、開演のつつがない進行をサポートしている。



今回の作風は、近年の『グッドバイ』や『キネマと恋人』といったKERA作品にみられるような、幅広い層が楽しめるロマンティック・コメディで、物語は、大企業ロイド社の社長であるマーガレット(緒川たまき)と、ライバル企業のソニック社の社長タチアナ(高田聖子)という因縁めいた旧知の二人が、通称「ベイジルタウン」と呼ばれる貧民街の再開発を巡って火花を散らすことから端を発する。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

仲村トオルのプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「仲村トオル」に関する記事

「仲村トオル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「仲村トオル」の記事

次に読みたい「仲村トオル」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク