宮沢氷魚×大鶴佐助『ボクの穴、彼の穴。』開幕!「やっぱり稽古が、演劇が好き」

宮沢氷魚×大鶴佐助『ボクの穴、彼の穴。』開幕!「やっぱり稽古が、演劇が好き」
015366.jpg

宮沢氷魚×大鶴佐助『ボクの穴、彼の穴。』開幕!「やっぱり稽古...の画像はこちら >>

2020年9月17日(木)東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて宮沢氷魚大鶴佐助による二人芝居『ボクの穴、彼の穴。The Enemy』が開幕。初日前にはゲネプロと囲み会見が行われ、出演者の二人と翻案・脚本・演出のノゾエ征爾が登壇した。


本作は、松尾スズキの初翻訳で話題となった絵本を2016年にノゾエ脚本・演出で舞台化した傑作。塹壕の穴の中で、お互いに「戦争のしおり」という大きな力に操られ、どんどん相手が大きなモンスターになり、疑心暗鬼と見えない敵への妄想が膨らんでいく。そして、最後に兵士のとった選択とは…。


宮沢氷魚×大鶴佐助『ボクの穴、彼の穴。』開幕!「やっぱり稽古が、演劇が好き」
『ボクの穴、彼の穴。』舞台写真


ゲネプロを終えノゾエは「新型コロナウイルス感染症の影響もあり、この公演が僕自身の今年初めての公演となりました。なので、とても感慨深いものがありましたし、劇場に客席にお客さんが入ることで、その息づかいのようなものを感じることができ、嬉しかったです」とコメント。


コロナ禍でこの作品を上演することについて「”何が起きているのか””何を信じればいいのか”分からない状況で、人と関われない生活に追い込まれ、様々な思いを抱えた方が多くいらっしゃると思います。本作も、似たような状況の中で登場人物が生きているので、4年前とはまた違った感覚を持っていただけるのではないでしょうか」と見どころを明かした。


宮沢氷魚×大鶴佐助『ボクの穴、彼の穴。』開幕!「やっぱり稽古が、演劇が好き」
『ボクの穴、彼の穴。』舞台写真


宮沢は、前回の出演作『ピサロ』が途中で公演中止になってしまったことにも触れ「ちゃんと幕が開くかどうか不安もありましたが、無事に初日を迎えられて嬉しく思っています」と笑顔を見せた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大鶴佐助のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大鶴佐助」に関する記事

「大鶴佐助」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大鶴佐助」の記事

次に読みたい「大鶴佐助」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク