舞台「幽☆遊☆白書」其の弐が年末に上演決定!演出は伊藤栄之進、加古臨王、荒木宏文の3人体制
015387.jpg

舞台「幽☆遊☆白書」其の弐が年末に上演決定!演出は伊藤栄之進...の画像はこちら >>

舞台「幽☆遊☆白書」続編上演が決定した。上演時期は2020年12月、東京・大阪・京都の3都市にて。出演者は崎山つばさ郷本直也鈴木拡樹橋本祥平らが続投。演出は、前作を作り上げた伊藤栄之進(御笠ノ忠次)に加え、加古臨王、そして出演者でもある荒木宏文の3名体制で行う。


出演者の詳細は、以下のとおり。


【出演】
浦飯幽助:崎山つばさ
桑原和真:郷本直也
蔵馬:鈴木拡樹
飛影:橋本祥平
雪村螢子:未来
ぼたん:平田裕香
幻海:エリザベス・マリー
コエンマ:荒木宏文
ほか



舞台『幽☆遊☆白書』其の弐は、以下の日程で上演される。なお、チケットの公式先行受付が9月20日(日)14:00より開始されている。


【東京公演】12月4日(金)~12月15日(火) ステラボール
【大阪公演】2020年12月18日(金)~12月20日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
【京都公演】2020年12月23日(水)~12月30日(水) 京都劇場


【公式サイト】http://officeendless.com/sp/yuhaku/
【公式Twitter】@yuhaku_stage



コメント紹介

◆伊藤栄之進(御笠ノ忠次)
昨年上演した舞台『幽☆遊☆白書』の第一弾は作っている間も本番期間中もとにかく楽しかったという思い出しかないのです。
では第二弾は?
あの楽しさを超える楽しさを生むためにはどうしたら良いのだろう。
割と真剣に悩みました。
僕じゃない方がいいのかもしれない。
そんなふうにも考えました。
そして世界はコロナに包まれました。
演劇を作ることが難しい世界。
この状況下で演劇を作るにはどうしたら良いのか。
そもそも演劇を作るべきなのか。
迷路に入りました。
「誰かと共同演出してみては?」
プロデューサーに提案されたとき「それだ!」と思いました。
僕はこの舞台『幽☆遊☆白書』はとにかく楽しい作品でありたいと思っています。
なので作り方からして楽しいものでありたいと思うんです。
「誰か一緒に作りたい演出家はいますか?」
「リーちゃんとアラヤン」
秒で答えました。
これにはプロデューサーも驚いていました。
まさかの三人体制。
すでに楽しいです。
きっと出演者、スタッフのみんなも楽しんでくれると思います。
そして稽古場で増幅させた楽しさを劇場で!皆様と一緒に!共有し!更に楽しみたいと思います!
ア、イガイトフツウノコトイッテル。
イ、デモ、コレコソエンゲキダトオモウノ。