9月30日配信!『宮沢賢治 著/注文の多い料理店』はコメディ?牧島 輝の「読奏劇」収録レポート

9月30日配信!『宮沢賢治 著/注文の多い料理店』はコメディ?牧島 輝の「読奏劇」収録レポート
015428.jpg

9月30日配信!『宮沢賢治 著/注文の多い料理店』はコメディ...の画像はこちら >>

「Dream Stage(ドリームステージ)-読奏劇-」の第5弾、牧島 輝の朗読「宮沢賢治 著/注文の多い料理店」が、9月30日(水)21:00より配信開始となる。朗読劇初挑戦となった牧島だが、持ち前の勘の良さと、イマジナリーな作品世界を具現化する力の強さを発揮した様子をレポートする。


本企画には、牧島のほか、有澤樟太郎太田基裕、大平峻也、北村諒崎山つばさ佐藤流司橋本祥平(50音順)と計8名の俳優が参加している。各出演者が読む文学作品については、俳優の希望に沿うものをピックアップしてきたが、牧島の場合は「宮沢賢治作品を」というクリエイター側の提案とすり合わせる形で決まった。


9月30日配信!『宮沢賢治 著/注文の多い料理店』はコメディ?牧島 輝の「読奏劇」収録レポート
015428_2.jpg


牧島に「宮沢賢治作品を読んでほしい」と希望していたのは、監督を務める鎌田哲生(ミュージカル『刀剣乱舞』のMVを担当)。鎌田と牧島は、出演舞台のバックステージなどでこれまでも一緒に仕事をする機会があり、そこで見せる牧島の“素顔”からイメージを導き出したという。


興味深かったのが、牧島が選択した『注文の多い料理店』を、鎌田が“コメディ”と捉えていたこと。『注文の多い料理店』は、宮沢賢治が1924年に発表した童話集に収められている作品だ(副題には「イーハトヴ童話」とついている)。ちなみに、存命中の宮沢賢治はほぼ無名の存在で、生前に出版されたのはこの童話集と「春と修羅」のみである。


9月30日配信!『宮沢賢治 著/注文の多い料理店』はコメディ?牧島 輝の「読奏劇」収録レポート
015428_3.jpg


童話として教科書にも載っている本作だが、出版の際の広告文には「糧に乏しい村のこどもらが都会文明と放恣な階級とに対する止むに止まれない反感です」とあったそうで、創作する際に込めた宮沢賢治の思想が透けて見える。子どもの頃、無邪気に読んだ話が、大人になった今読むと風刺の効いた話に変貌するのは、物語の受け手として自分が成長しているのを感じられる点だ(ここでは割愛するが、物語には様々な視点が込められているので、興味を持ったら調べてみるのもオススメしたいところ)。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

有澤樟太郎のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「有澤樟太郎」に関する記事

「有澤樟太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「有澤樟太郎」の記事

次に読みたい「有澤樟太郎」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク