12月20日配信!梅津瑞樹が“静”と“動”の間で生むドラマ性「読奏劇」『太宰治・作/猿ヶ島』収録レポート

約1年ぶりに新作が制作された『Dream Stage(ドリームステージ)-読奏劇-』。12月20日(月)に配される第3弾には、梅津瑞樹が登場する。梅津が読んだのは、太宰治の「猿ヶ島」。若手俳優の中でも屈指の読書家である彼が、『読奏劇』という作品の中で、梅津が“文学”とどう向き合ったのか。撮影現場の模様をレポートする。

12月20日配信!梅津瑞樹が“静”と“動”の間で生むドラマ性「読奏劇」『太宰治・作/猿ヶ島』収録レポート

『読奏劇』は、パブリックドメインとなった国内外の名作小説・童話を題材に、音楽のMusic Videoのような映像に仕立てる配信特化型朗読劇。コロナ禍で、昨年は8作品を発表。今年春には“聴く読書”サービス「ListenGo(リスンゴ)」にて音声版がスピンオフとして制作され、今回は梅津のほか、櫻井圭登、伊万里有、田村心が参加した。

12月20日配信!梅津瑞樹が“静”と“動”の間で生むドラマ性「読奏劇」『太宰治・作/猿ヶ島』収録レポート

梅津には、このシリーズ再始動にあたり真っ先に白羽の矢が立った。読書家であるという情報だけでなく、SNSに綴るウィットに富んだ文章などからも、自分から湧き出る“言葉”をたくさん持っていることを伺わせる。最近では、雑誌でのコラム連載を持ったり、店舗の企画で選書を行ったりと、知識を活かして活躍の場を広げている。

そんな梅津に、どの作品を読んでもらうのか。梅津は音声版で「天衣無縫(織田作之助・著)」を読んでいたが、「耳で聴く」ことと「目で観る」ことの特性を考えて、音声版とは作品を変更することに。いくつかの提案の中から、梅津が「これしか考えられない」と選んだのが、太宰治の「猿ヶ島」だった。