読奏劇『太宰治・作/猿ヶ島』梅津瑞樹インタビュー!「ハマることよりも、噛み合わせが悪いぐらいの方が面白い」

1年ぶりに再始動した『Dream Stage(ドリームステージ)-読奏劇-』。12月20日(月)の配には、梅津瑞樹が登場する。エンタステージは、著作権が消失した国内外の名作小説・童話を題材に、音楽のMusic Videoのような演出を施した配信特化型朗読劇の撮影現場に密着してきた。本記事では、収録を終えた時の梅津の声をインタビューとしてお届けする。

映像だが、あえてカメラを意識せずに臨んだという梅津。今回の撮影についての話ながらも、梅津という俳優の真髄が見えるような言葉の数々が飛び出した。また、読書家な梅津ならではの、本との出会い方なども語ってもらった。梅津はどんなことを感じていたのか?話を聞いた。

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 1号)

読奏劇『太宰治・作/猿ヶ島』梅津瑞樹インタビュー!「ハマることよりも、噛み合わせが悪いぐらいの方が面白い」

――梅津さんは、音声版に続いての「読奏劇」ご参加になりますね。

前回は音声だけで「天衣無縫(織田作之助・著)」を読ませていただいたんですが、実は、今回も最初は音声だけだと思い込んでいたんです(笑)。なので、こういった素敵な環境を用意していただけてびっくりしました。

――映像で朗読をするのは、また意識が違いましたか?

今、ニコ生で番組配信(「梅津の潜む穴」)をさせていただいていて、そこでよく朗読をしているんですが、その時は映像を全部カットして、音声だけでやっているんです。朗読というからには、声だけの情報でいろいろ膨らませてほしい、聞いてもらうことを主としたくて。