『シラノ・ド・ベルジュラック』インタビュー!章平が語る「想像力に委ねる表現のおもしろさ」

2022年2⽉7⽇(月)のプレビュー公演より、東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて『シラノ・ド・ベルジュラック』が開幕する。17世紀フランスに実在した詩人にして剣豪、勇気のあるシラノを主人公にしたエドモン・ロスタンの戯曲を、マーティン・クリンプが現代的に脚色した傑作戯曲が、谷賢一の翻訳でついに日本で上演へ――。

主演・古川雄大が演じるシラノの親友であるル・プレ役を演じる章平に、この挑戦的な作品の取り組み、日本語として上演することで見えたおもしろさなどを語ってもらった。

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 1号)

『シラノ・ド・ベルジュラック』インタビュー!章平が語る「想像力に委ねる表現のおもしろさ」
『シラノ・ド・ベルジュラック』インタビュー!章平が語る「想像力に委ねる表現のおもしろさ」

劇場全体でこれを共有できたら快感だろうな

――ローレンス・オリヴィエ賞で最優秀リバイバル賞を獲ったマーティン・クリンプ版がついに日本へ!と喜ばしく思いました。

僕も、賞を獲った作品として知ってはいたのですが、実際に観たのはお話をいただいてからで。ナショナル・シアター・ライブで拝見したのですが「す、すごい・・・!」と圧倒されてしまって。お芝居はもちろん、お客さんの想像力をフルに働かせる演出に感銘を受けました。同時に、英国版があまりにも完成されていたので、これを日本でやるとなったらどうなるんだろう、それに挑戦できることへの期待感が湧き上がりました。

――17世紀フランスに実在した人物を描いた永遠の愛の物語を現代的にするとこうなるのか、という驚きがありましたよね。

俳優同士が相対して台詞を投げかけ合う芝居ではなく、お客さんの方を向いて台詞を発することで、観る側に情景を想像させる抽象的な描き方が印象的ですよね。日本版もそれを踏襲するとしたら、この作品に挑戦することで、自分としても新しい表現方法が見つかりそうだと思いました。