読奏劇『芥川龍之介・作/杜子春』田村心インタビュー!「今じゃなかったら、出会ってなかった」

著作権が消失した国内外の名作小説・童話を題材に、音楽のMusic Videoのような演出を施した配信特化型朗読劇『Dream Stage(ドリームステージ)-読奏劇-』。2020年に8作品、2021年から2022年にかけて4作品が発表されてきた本シリーズのラストを飾る田村心の『芥川龍之介 作/杜子春』が、2022年2月15日(火)にいよいよ配信開始となる。

撮影現場に密着してきたエンタステージでは、収録を終えた時の田村の声をインタビューとしてお届け。『杜子春』を田村が読む――本人が一瞬ミスマッチでは?と感じる挑戦的な作品選びは、“今”でしかありえなかった。結果、刻一刻と変化・成長する役者のリアルが、映像として切り取られた。そんな軌跡から感じることを、本人の言葉で語ってもらった。

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 1号)

読奏劇『芥川龍之介・作/杜子春』田村心インタビュー!「今じゃなかったら、出会ってなかった」

――田村さんには、『読奏劇』の第1弾の時にもご出演いただきたいとお声がかかっていたと聞きました。第2弾で観ることができてとても嬉しいです。

『読奏劇』のことは、第1弾をやっている時から気になっていて、予告とかリアルタイムでチェックしていたんですよ。お声がけをいただいていたのを僕は知らなかったもので、人気俳優に入れなかったな~と思って観ていました(笑)。今回出演できることになって、とても嬉しかったです。

――もともと『読奏劇』が気になっていたとは、嬉しいお言葉ですね。

予告だけでも引き込まれるぐらい、クオリティの高いものが作られていると感じました。コロナ禍になってから朗読劇がよく上演されるようになりましたが、その中でもすごくおもしろいチャレンジをされている企画だなと思って。