2月15日配信!「読奏劇」田村心に馴染む『芥川龍之介・作/杜子春』収録レポート

約1年ぶりに新作が制作された『Dream Stage(ドリームステージ)-読奏劇-』では4作品が制作された。そのラストを飾るのは、2月15日(火)に配信される第4弾、田村心が読む『杜子春』。一人芝居初挑戦という田村が、最初は疑問を持った作品チョイスとマッチしていく様子を、撮影現場の模様を交えながらレポートする。

田村の撮影が行われたのは、まだ暑さの残る頃。都内の日本家屋風のスタジオで行われた。衣裳は、シリーズでは2作品目となる和装の選択。田村に「杜子春」を読んでもらうならば和装がいい、というのはスタッフ陣たっての希望だったようだ。場に馴染む田村の姿に、撮影前から期待が高まる。

2月15日配信!「読奏劇」田村心に馴染む『芥川龍之介・作/杜子春』収録レポート

撮影準備が進む中、田村は真剣に台本に目を落とす。ちらりと見えた台本には、あちこちに線が引かれている。聞いたところ、練習で読んでみて「難しい!」と思ったポイントなんだと言う。現場に入る前からしっかりと準備をする、田村の生真面目さが伺えた。

2月15日配信!「読奏劇」田村心に馴染む『芥川龍之介・作/杜子春』収録レポート

「杜子春」は、1920年に発表された、芥川龍之介の短編小説。もととなったのは、中国の唐代伝奇である「杜子春伝」を翻案したもので、若く貧しい青年が仙人と出会い、人として成長していく様を描いている。芥川版は児童文学として書かれているほか、もとの中国版とは異なるテーマが物語の中に流れている。田村の朗読で気になった方は、ぜひその辺りも調べていくと、より多角的に作品を楽しめるかもしれない。

広い和室に置かれた一脚の椅子。そこに、田村が一人座り、いざ撮影が始まる。『杜子春』には主な登場人物が4人登場する。1人目の主人公・杜子春は、もとは金持ちだったが、親の遺産を使い果たし、その日の暮らしにも困るほどの放蕩息子。2人目は片目眇(すがめ)の老人で、その正体は鉄冠子という仙人。3人目は仙人の言いつけを実践する杜子春の前に現れる大柄な恐ろしい神将(しんしょう)。4人目は、物語の中盤で杜子春が落とされる地獄の閻魔大王。なかなかバラエティに富んでいる。