北村想の自由奔放なバディ・ストーリー!『奇蹟』井上芳雄と鈴木浩介が不思議な謎解きの旅へ

2022年3月18日(金)に東京・世田谷パブリックシアターにて、シス・カンパニー公演『奇蹟 miracle one-way ticket』が開幕する。本作は、劇作家・北村想×演出・寺十吾×シス・カンパニーがタッグを組んで作り上げる新作公演。井上芳雄鈴木浩介井上小百合らが、記憶を失くした名探偵と、その親友の不思議な謎解きの旅を辿る。

北村想の自由奔放なバディ・ストーリー!『奇蹟』井上芳雄と鈴木浩介が不思議な謎解きの旅へ
北村想の自由奔放なバディ・ストーリー!『奇蹟』井上芳雄と鈴木浩介が不思議な謎解きの旅へ

主人公の法水連太郎(井上芳雄)は、警視庁などのコンサルタントも務める私立探偵。そして、何かとこの探偵を支えてきたのが、高校時代からの親友で、現役の医師である楯鉾寸心(鈴木浩介)だった。ある時、探偵・法水が残した「危急の依頼あり、出かける」との書き置きを見て、楯鉾は法水を追いかけ、深い森へと迷い込んだ。

そこで、傷を負い深い眠りについた法水を見つけ出したのだが、目覚めた探偵はあたりを見回し、「誰だかワカラヌ私は、何処だかワカラヌここで何をしているのだ・・・」と言った。探偵は、この“迷いの森”から何の依頼で呼び出されたのか。

北村想の自由奔放なバディ・ストーリー!『奇蹟』井上芳雄と鈴木浩介が不思議な謎解きの旅へ
北村想の自由奔放なバディ・ストーリー!『奇蹟』井上芳雄と鈴木浩介が不思議な謎解きの旅へ

一体、依頼者は誰なのか?そんな疑問を胸に、記憶を失くした名探偵とその親友は、出口の見えない森の奥深くへと歩を進める。そこに次々と現れる謎に満ちた人々は、現実なのか、はたまた忘却の記憶が生んだ幻なのか・・・。

物語は、まるで戻るあてのない“行ったきり”の「片道切符」を手にしたかのように、過去から現在へと連なる謎が眠る森へと進んで行く。もちろん謎解きの話なのでミステリアスなタッチで展開するのだが、そこは北村想作品ならでは。自由奔放に弾けるイマジネーションが、どこか飄々とした“オモシロ感”たっぷりに「名探偵と親友」の新たなバディ・ストーリーを紡いでいく。そして、井上小百合をはじめ、バディコンビに次々と謎を運ぶ岩男海史、瀧内公美、大谷亮介が演じる個性豊かな登場人物の活躍もお楽しみに。