野田秀樹×QUEEN『Q』松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊淳ら再集結で世界ツアーへ

2022年7月末よりNODA・MAP第25回公演『Q』:A Night At The Kabuki Inspired by A Night At The Operaの上演が決定した。本作は、2019年に初演され、第27回読売演劇大賞・最優秀作品賞を受賞した作品の再演。初演キャストの松たか子上川隆也広瀬すず志尊淳らが再集結し、東京と大阪だけでなく、ロンドン、台北でも公演を行う。

本作は、イギリスが誇る世界的ロックバンド、QUEENが1975年に発表した傑作アルバム「オペラ座の夜」を「このアルバムが持つ演劇性をヒデキの手によって本当の“演劇”として広げられないか?」とQUEEN側のスタッフが野田にオファーしたことから始まった。

このオファーに、かねてから野田の頭にあったシェイクスピアの名作『ロミオとジュリエット』の “その後の物語” という着想と結び付いたことにより、『ロミオとジュリエット』の舞台を12世紀末の日本に移し、両家の対立を源平合戦に見立てる奇想天外な構想が生まれた。

源氏と平家が対立するその戦禍、たった5日間――432,000秒の恋に身を焦がす若き瑯壬生(ろうみお)と愁里愛(じゅりえ)。すれ違って死を迎えるはずの2人が、もしも生きていたら・・・。

今回は日本での公演だけでなく、世界ツアーも企画。初演の東京公演を来日観劇したクイーンの伝説的マネージャーのジム・ビーチ氏が絶賛したことで、クイーンのお膝元であるロンドン公演の計画が始動した。