高畑充希と平祐奈が熱演!森新太郎演出の舞台『奇跡の人』が開幕

2022年5月18日に東京芸術劇場で、森新太郎演出の舞台『奇跡の人』が開幕した。本作は家庭教師アニー・サリヴァンと三重苦の少女ヘレン・ケラーを題材にした舞台で、アニー・サリヴァン役を高畑充希、ヘレン・ケラー役を平祐奈が務めている。台本上で10ページに渡ってセリフのない動きの指示となるト書きのみで描かれた食卓シーンでは、終了後に客席から自然と拍手が起こるような高畑と平の熱演が繰り広げられた。

家庭教師アニー・サリヴァンと三重苦の少女ヘレン・ケラーを題材にした本作は、1959年にアメリカ・ニューヨークのブロードウェイでの初演以来、現在も各国で上演されており、日本でも大竹しのぶ寺島しのぶ菅野美穂、鈴木杏、田畑智子石原さとみ木南晴夏鈴木梨央らが演じてきた。そして演出は第47回菊田一夫演劇賞を受賞したのも記憶に新しい森新太郎が務めている。

高畑充希と平祐奈が熱演!森新太郎演出の舞台『奇跡の人』が開幕
高畑充希と平祐奈が熱演!森新太郎演出の舞台『奇跡の人』が開幕

“奇跡の人”アニー・サリヴァンとヘレン・ケラー、さらに何年も耐え忍び、いつしか関わり方を見失ったヘレンの家族らが互いに闘い、傷つきながら向き合う姿を通して、本当の愛とは、生きるとは、知るとは、学ぶとは・・・と考えさせられる物語となっている。

アニ―を演じる高畑は、ヘレン役も含め本作への出演は今回が4度目ということでその安定感は抜群。一方、舞台初挑戦となる平は唯一無二の透明感と持ち前の身体能力の高さで、天使と悪魔の表情を持つヘレン・ケラーを体現している。そして、ヘレンの父アーサー・ケラー役で池田成志、母ケイト・ケラー役で村川絵梨、義兄ジェイムズ・ケラー役で井上祐貴、さらに増子倭文江、山野海、佐藤誓、森山大輔ら個性と実力に溢れたキャストが集結。